任天堂が「Wii U」の詳細を発表、新コミュニケーション「Miiverse」も。

写真拡大

任天堂は6月4日、現地時間5日に米ロサンゼルスで開幕する世界最大のゲーム見本市「E3」に先立って「Nintendo Direct Pre E3 2012」のインターネット放送を行い、新型ゲーム機「Wii U」の詳細なコンセプトを発表した。

「Nintendo Direct Pre E3 2012」の中で岩田聡社長が行ったプレゼンテーションの内容は次の通り。

◎Wii U Game Padについて
・左右のスライドパッドをスティックに変更(押し込み操作も可能)
・裏面の形状を変更し、握りやすく
・ボタンのレイアウトを変更
・NFCリーダー・ライターを搭載。カードやフィギュアをかざして情報を読み取る
・TVコントロールボタンを搭載。Wii Uが起動していなくても赤外線リモコンに
・モーションセンサーやジャイロセンサーを搭載
・テレビのゲーム映像を遅延なく映し出せる
・ネットブラウザを搭載

◎周辺機器について
・Wiiリモコン、ヌンチャク、バランスWiiボード、Wiiハンドルをそのまま使える
・「Wii U PRO コントローラー」を新たに発売

◎Miiverse(ミーバース)
・新しいコミュニケーションの仕組み「Miiverse(ミーバース)」を展開
・「Miiverse」はMii Universeを組み合わせた造語。全世界のMiiを繋ぐ場となる
・すべてのゲームはゲームを終了することなく「Miiverse」を呼び出せる
・テキストでのコミュニケーションができる
・タッチパネルなのでテキスト入力が簡単
・手書きメモ、Miiの表情ボタンなどテキスト以外でのコミュニケーションも重視
・ゲーム画面のスクリーンショット投稿が可能に
・スクリーンショット機能のネタバレ対策も準備
・すべてのWii Uゲームは「Miiverse」に対応
・3DSのネットブラウザ、スマートフォン、PCブラウザでも使用可能に

◎Wii Uのコンセプト
・コンソールがテレビから自由になる
・2画面で新しいエンターテインメントを提案する
・毎日電源を入れてもらうきっかけをつくる
・複数のリビングルームをつなぐソーシャルウィンドウになる

なお、任天堂は日本時間6月6日午前1時からの「E3」プレゼンテーションでWii Uのソフトに関する詳細な情報を発表する。同プレゼンではWii Uの情報を盛りだくさんに伝えるため、ニンテンドー3DSに関する情報は「別の機会」に発表するという。