JAFを呼んだことありますか?




自動車を運転している人なら、JAF(日本自動車連盟)の会員になっているのではないでしょうか。最近では保険会社のロードサービスを頼る人も増えているようですが、JAFは依然、ドライバーの心強い味方です。会員数も全国で1733万人!



そこでJAFのお世話になったことがあるかをマイナビニュース会員に聞いてみました。合わせてJAF、ロードサービス隊 第二区隊港基地・平吹昌幸主任に取材を行いました。



調査期間:2012/5/3〜2012/5/7

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 899件(ウェブログイン式)



Q.あなたはJAFを呼んだことがありますか?



はい  15.3%

いいえ 84.7%



約15%の人がJAFのお世話になったことがあります。



JAFさんによってトラブルがどのくらいの時間で解決されたかを聞いてみました。



1時間未満 83.2%

1時間以上2時間未満 7.8%

2時間以上3時間未満 3.6%

3時間以上4時間未満 1.1%

5時間以上 4.3%



おおむね1時間以内で解決されています。早業ですね。



JAFさんへの満足度を聞いてみました。



大変満足している 28.8%

どちらかと言えば満足している 10.1%

どちらでもない 54.6%

どちらかと言えば不満 0.8%

大変不満である 5.7%



「どちらかと言えば不満」、「大変不満である」を足した「不満派」はわずかに6.5%。「大変満足している」と「どちらかと言えば満足している」を足した「満足派」が38.9%、約4割ですので、JAFさんの対応にはほぼ満足していると考えていいのではないでしょうか。



このデータを踏まえて、平吹昌幸主任にお話を伺いました。



平吹さん ありがとうございます。最近は他社のロードサービスも充実してきていますので、私たちもより一層の努力でファンを増やして行かなければなりません。



――ライバルの動向は気になりますでしょうか?



平吹さん それは気になりますね。私たちは選んでいただく立場ですので、どうすればサービスの質の向上につながるかを常に考えています。



●1日に約7,000件の出動!



――JAFさんの出動件数ですが1年に何件ぐらいなんでしょうか。



平吹さん 2011年度('11年4月〜'12年3月)は約258万件のロードサービスを実施しました。全国で1日に約7,000件の出動になります。



――それは多いですね。



平吹さん ただ、10年前(2002年度)は約297万件でしたので徐々に減ってきています。2004年度に302万件という実績がありますが漸減傾向にあるのは間違いないと思います。



――減ったことに理由はあるんでしょうか?



平吹さん 自動車の性能や装備の向上というのが一因にあると思います。



――というのは?



平吹さん 例えば、過去10年間のJAFの出動理由のなかで「キーの閉じ込み」というのは、一昨年まで連続第2位でしたが昨年度はそれまで第3位だった「タイヤのパンク」と順位が逆転しました。インテリジェントキー、スマートキーを始めとするリモコンキーの普及によって鍵の閉じ込みがされににくくなったことが要因ではないかと考えられます。



――なるほど。季節によっても出動回数は変動しますか?



平吹さん 地域によっても変わりますが、全国的には夏より冬の方が多い傾向があります。冬は気温の低下でバッテリーが上がりやすくなることや降雪などによるトラブルが増加するためではないでしょうか。



――都内はどうでしょうか?



平吹さん 都内は梅雨を迎えたころから徐々に救援依頼が増加し、本格的な夏に向かって出動回数はどんどん増えていきます。エアコンやワイパーなど電装品の使用機会が増えて電力消費が大きくなりバッテリーや発電機に負担が掛かることなどが要因と思われます。



■JAFさんの統計によれば、JAF出動理由のベスト3は以下です。



●四輪(自動車)トラブルの出動理由(2011年度)

第1位 バッテリー上がり

第2位 キーの閉じ込み

第3位 タイヤのパンク



――出動して「これは危ない!」と思うような出動はありますか?



平吹さん これから夏の季節で特に危険なのは、幼いお子さまやペットが車内に残された状態で鍵が閉じ込められてしまうケースです。たとえ短時間でもお子さまやペットを車内に残すことは避け、リモコンキーは車内に置かず、常に携帯していただくようにお願いします。



●「給電車」がもうある!



――ハイブリッド車や、電気自動車などがこれから増えてくると思いますが、それへの対応はどうでしょうか?



平吹さん もちろん対応しています。研修などでEV車両の取り扱いを学んでいます。それに「給電車」というのもあります。まだ1台ですけども。日産自動車さんと協力し昨年6月から実証運用をしています。









――えっ! もうあるんですか。それはスゴイ。



平吹さん 世田谷基地にあるんですよ。例えば電気切れなどの状態に陥ったクルマがある時にはこれが出動します。



――給電に時間はかからないんですか?



平吹さん 例えば、(ニッサンの)リーフの場合には、20分の急速充電で40km走れるようになります。これで近くの給電スタンドまで行っていただくわけです。また、この車でなくても、給電スタンドまでレッカー移動しますので大丈夫です。



●JAFさんからアドバイス



――JAFさんからドライバーに何かアドバイスはありますか?



平吹さん やはり日ごろの点検をしっかりしておくことでしょうか。JAFの出動理由のなかには日常の点検で防ぐことができるものが数多くあります。せっかくのお出掛けが台無しにならないようにカーディーラーやガソリンスタンドなどでバッテリーやタイヤの空気圧などを点検してもらうことをお薦めいたします。



筆者も昔、ガス欠でJAFさんのお世話になったことがあります。持ってきてくれた10リットルのガソリンがどれほど有り難かったことか! トラブルになってJAFさんに電話しないように普段の点検は欠かせませんね。





(高橋モータース@dcp)



JAF公式ホームページ

http://www.jaf.or.jp/index.htm