炊飯器でつくる「シンガポールチキンライス」が簡単で激ウマ!

写真拡大

シンガポール料理の海南鶏飯(ハイナンチーファン)。

シンガポールチキンライスといったほうがピンとくる人が多いだろうか。

ケチャップ味のチキンライスではなく、鶏だしなどで炊いたごはんに茹で鶏をたっぷり盛り付けたごはん料理。

今回は、炊飯器にすべての材料を入れるだけの簡単レシピを紹介する。

材料(2人分)米 2合 / 鶏モモ肉(今回は節約のためムネ肉を使用) 1枚 / 生姜 少々 / ニンニク 1かけ / ナンプラー 大さじ1 / 鶏ガラスープの素(顆粒状) 大さじ1 / 日本酒 大さじ2キュウリ適量 / ミニトマト 適量 / 生姜醤油(おろし生姜を醤油に加えたもの) 適量 / チリソース 適量つくり方米を洗い、2合分より若干少ない水を炊飯釜に入れる。

ここに鶏モモ肉、生姜、ニンニク、ナンプラー、鶏ガラスープの素、日本酒を入れて、炊飯。

炊き上がったら鶏肉を取り出し、スライスする。

ごはんと鶏肉、スライスしたキュウリやトマトを器に盛り付け、生姜醤油やチリソースをつけながらいただく。

今回はムネ肉を使用したが、それでもしっとりとした仕上がり。

ごはんに鶏の旨みがしみ込み、食べ飽きないおいしさだ。

あればレモングラスも入れて炊飯するとさらに本場っぽい仕上がりになるよ!