デザイナー山本耀司が描く絵画 日本初公開

写真拡大

 デザイナー山本耀司の描いた油絵が、「ヨウジヤマモト青山店」地下1階で6月11日から展示される。国内で一般公開されるのは初。油絵はパリの「YOHJI YAMAMOTO」のブティックで展示されてきたが、「ヨウジヤマモト青山店」では全て新しく描き下ろされた作品の公開が予定されている。期間は6月30日まで。 山本耀司が描いた油絵 日本初公開の画像を拡大

 山本耀司にとって油絵は、デザイナーとして追い求めてきたクリエーションの源泉を紐解くかのようにキャンパスに表現する、新境地への挑戦。全て女性をモデルとした現代における美人画で、画家としての山本耀司の世界観を垣間みることができる。 1972年にY's社を設立した山本耀司は、1977年に男性の服を女性が着るというコンセプトの「Y's(ワイズ)」で東京コレクションに初参加。1981年にパリ・プレタポルテコレクションにデビューし、ファッション界に「黒の衝撃」を与えた。1994年にフランス芸術文化勲章シュバリエ、2004年に紫綬褒章、2005年にフランス国家功労勲章オフィシエを受章。2011年にはフランスの芸術文化勲章の最高位コマンドゥール章が授与されるなど、デザイナーでありながら芸術家としての功績がたたえられている。会場:ヨウジヤマモト青山店 地下1階会期:2012年6月11日(月)〜30日(土)時間:11:00−20:00