<フェザー級/5分3R>
マックス・ホロウェイ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
パット・シーリング(米国)

 長身のホロウェイに対し、果敢に距離を詰めるスキーリング、シングルレッグでケージまでドライブし、ダブルレッグに切り替えてテイクダウンを狙う。再びシングルに切り替え、体重を掛けるようにホロウェイを倒しにいったスキーリングだが、そのまま自ら重心を失い下になる。

 スタンドに戻ったホロウェイは左ジャブから右を狙う。距離がなくなると、前方回転しながらスキーリングがヒザ十字を狙うも、ホロウェイは苦もなく対処する。スキーリングのスピニングバックフィストをかわしたホロウェイの左ボディの連打で、スキーリングの動きが落ちる。フランイングニーこそかわされたが、蹴りから右ストレートとホロウェイのリズムで試合は進む。

 左フックから右ストレートを打ち込んだホロウェイは、スキーリングのテイクダウン狙いをがぶってスタンドに戻ると、再び右ストレート、さらに左ハイからヒザ蹴りを見せる。残り10秒となり、必死に組みついたスキーリングは再び回転からヒザ十字へ。ホロウェイは余裕をもってやり過ごした。

残り10秒で足関節狙いと、無駄に力を使った感のあるスキーリング。2R開始直後に右を受けてケージ際まで後退する。蹴り足を掴んでのテイクダウン狙いも実らないスキーリングに対し、ホロウェイが距離を取りながら、右を打ちこむ。左から右で動きが完全に落ちたスキーリングがテイクダウン狙いから引き込むが、ホロウェイは付き合わない。

 立ち上がったスキーリングに首相撲からヒザ蹴り、アッパーと一方的に攻めるホロウェイ。テイクダウン狙いを切ると、ボディへのパンチの連打でスキーリングを追い込む。パンチを受けては引き込むようになったスキーリング、左ミドルをキャッチするがこれもテイクダウンに結び付けることはできない。ホロウェイも左ハイを空振りし、深追いはしない。スピニングバックフィストなど、逆転狙いの大技頼りになったスキーリングは、パンチを被弾しながらラウンド終了に救われた。

 最終回、左ジャブから右を伸ばすホロウェイは、ジャブの連打から左ミドルを蹴り込む。右クロスを返すスキーリングだが、反撃は単発だ。スキーリングはテイクダウンに失敗し尻餅をつくなど、動きは極めて少ない。そんな相手を圧倒しながら、仕留められないホロウェイに観客もストレスを感じブーイングも起こる。

 左ジャブを伸ばし続けるホロウェイ、右ストレートからヒザをヒットさせても、すぐに距離を取り直す。残り1分、右ストレートで倒れ込んだスキーリングをスタンドで待ち受けたホロウェイは、左ボディから右を打ち込む。さらに左ハイを見せると、またもスキーリングが引き込み、残り試合時間は10秒に。終盤は全く緊張感のなくなった一戦は、ホロウェイがフルマークで判定勝ちを収めた。 .