旅行需要は震災前まで回復。東日本への旅行も積極的に。GW調査

写真拡大

フォートラベルが運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル」は、会員を対象に「2012年GWの旅行動向調査」を実施した。

調査の結果、旅行需要は東日本大震災前の状況に戻り、東日本への旅行が回復傾向にあることがわかった。

調査は、4月26日から5月7日の12日間、フォートラベルの会員を対象にインターネットで実施。

1211件の有効回答が得られた。

GWの過ごし方についての質問では、「自宅中心で過ごした」と回答した人が37.1%、続いて「国内旅行」(19.7%)、「海外旅行」(16.7%)、「日帰り旅行」(10.6%)、「帰省」(6.9%)の順となった。

昨年同時期と比較すると、旅行や帰省など宿泊を伴うレジャーが増え、旅行意欲は比較的高い傾向に。

旅行需要は震災前に戻ったと考えられる。

特に海外旅行は好調。

長期化する円高で旅行費用や現地での支出が抑えられることや、昨年に海外旅行を断念した人の反動などもあり、燃油サーチャージが高騰する中でも堅調だという。

また、国内旅行の行き先についての質問では、昨年は東日本の都道府県は2位の「北海道」を除き、ベスト5に入らなかったが、今回の調査では「東京都」が1位に。

その他にも、ベスト5(同率含む)に、「千葉県」、「栃木県」もランクインした。

テーマパークへの客足の戻りや、東京スカイツリーのオープンが影響していると考えられる。

なお、桜の見頃とGWが重なった東北地方へは、国内旅行をした人の1割強が訪れた。

震災から一年がたち、東北への旅を検討している人が増える傾向にあるという。

現在開催中の東北博覧会をはじめ、この夏にかけて東北地方の観光復興のターニングポイントになると同社はみている。