【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「チェルノブ」

写真拡大

戦う人間発電所!

(画像:YouTubeより)
©DATA EAST CORP.

「チェルノブ」は1988年にデータイーストからアーケード版としてリリースされたアクションゲームです。

ある日、原子力発電所の爆発事故に巻き込まれた炭鉱夫チェルノブは九死に一生を得た結果、異状能力が身に付きました。そして謎の組織デスタリアンが、その能力を狙いますが…。

基本的に主人公のチェルノブは右側に走り続けるため、まさにノンストップなランナーです。そんな彼が何故走るのかは良く分かりませんけれど。

なお「チェルノブ」は「カルノフ」の従弟であり、いわば続編的な位置付けでしたが…。問題はその後にあります。
チェルノブ (ATOMIC RUNNER CHELNOV 戦う人間発電所) - STAGE 01 BGM


1986年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が発生しました。しなみに「チェルノブ」のサブタイトルは…。

「ATOMIC RUNNER CHELNOV 戦う人間発電所」

しかもアイテムも「円高コイン」、ソビエト連邦の国旗等、極めて危ない設定として多数の非難を浴びました。

※仮に2011年3月の東日本大震災の後に本作をリリースしようとしたら発売中止は確実です!


【ライター:清水サーシャ】