ももクロ百田夏菜子 イタリア語を二つ覚えドヤ顔を見せる

写真拡大

4月から放送が始まったロッテアイス「爽」のCMでは、ももいろクローバーZとインテル・ミラノ所属の長友佑都(25)という異色のコラボレーションが実現し話題を呼んだのは記憶に新しい。

既に他の記事でも紹介しているが、共演にあたって、ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子(17)はメンバーを代表してイタリア・ミラノの長友選手を訪問することになった。その際に百田のイタリア語知識について話題になったが、コーディネーターの「百田さん、イタリア語の予習は?」の問いに「…コーディネーターさん、教えて下さい!」と予習をしていないことが発覚!その後「ボンジョルノ(こんにちは)」「グラッツィエ(ありがとう)」の二つを教えてもらい「これで2つ覚えました!」とドヤ顔を披露した。

一般的にイタリア語は日本語と発音が似ていることや、ほとんどの単語がローマ字読みのため、日本人が比較的習得しやすい言語だそうだ。さらにイタリア語を習得すると隣接しているフランス語なども共通点が多いので覚えやすいと言う。

4月から放送が始まったロッテアイス「爽」のCMでは、ももいろクローバーZとインテル・ミラノ所属の長友佑都(25)という異色のコラボレーションが実現し話題を呼んだのは記憶に新しい。

既に他の記事でも紹介しているが、共演にあたって、ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子(17)はメンバーを代表してイタリア・ミラノの長友選手を訪問することになった。その際に百田のイタリア語知識について話題になったが、コーディネーターの「百田さん、イタリア語の予習は?」の問いに「…コーディネーターさん、教えて下さい!」と予習をしていないことが発覚!その後「ボンジョルノ(こんにちは)」「グラッツィエ(ありがとう)」の二つを教えてもらい「これで2つ覚えました!」とドヤ顔を披露した。

一般的にイタリア語は日本語と発音が似ていることや、ほとんどの単語がローマ字読みのため、日本人が比較的習得しやすい言語だそうだ。さらにイタリア語を習得すると隣接しているフランス語なども共通点が多いので覚えやすいと言う。