ご存知の通り、第65回カンヌ国際映画祭は閉幕いたしました。ベストドレッサーはダイアン・クルーガーかもしれませんが、<Huffington Post>では、いろんな意味で大胆なファッションを披露してくれたクリステン・スチュワートのセクシーな姿を最後にご紹介いたします。

クリステンは期間中、5月25日に行なわれた映画『コズモポリス/Cosmopolis』のプレミアに登場。そこでは、まぶしいバレンシアガのパンツではなく、リーム・アクラ(Reem Acra)の大胆な赤のドレスに身を包み、おそらく本人が望んでいたよりも露出度の高い姿に...。

『トワイライト』シリーズの共演者で、『コズモポリス』主演のロバート・パティンソンとクリステンが交際中なのは誰もが知る事実。とはいうものの、(予想通り?)クリステンとロバートの2ショットを見ることはかなわず、彼女は自身の新作『オン・ザ・ロード/On the Road』で共演したトム・スターリッジとレッドカーペットに現れました。

今回のドレスで気になるのが、かなりリスキーなネックライン。クリステンの胸のふくらみがはっきりとわかるのですが、どうやら両面テープ(!)が「ポロリ」をギリギリの線で食い止めていたようです。

<Huffington Post>ではこのほかにも、さまざまな"服装のトラブル(wardrobe malfunction)"を特集。詳しくはコチラからどうぞ。必ずや、良い反面教師となることでしょう。

こちらもセクシーなドレスで登場したクリステン