ゼロから「農業」を始めると、いくらかかるの?

写真拡大

会社に勤めても人生安泰というわけにはいかないご時世です。

そんなご時世ですから、食べるのに困らないというイメージからか、農業に目を向ける人が増えています。

来るべき食料不足の時代を見越して、農耕に適した土地を買い増す投資家がいるぐらいです。

では、門外漢が農業を始めるとしたら、一体いくらぐらいかかるのでしょうか? 調べてみました。

農業を始めるとひと言で言っても作物はさまざまですが、日本人ならまず米作り。

食糧難の時代がやって来ても、自分が作ってるのであれば食うに困りません。

というわけで「ゼロから米作りをするなら……」を、新潟県、長岡市で農機具販売を手がけている大島健さんにお話を伺いました。

――お米作りをゼロから始めるとするといくらかかるかを知りたいのですが。

米を作る工程ごとにかかるコストが違いますので、まずこの工程を理解してください。

実際にはもっと細かな工程があったり、各農家・地区によって異なりますが大まかにはこの通りです。

土づくり(耕耘作業、土ならし、除草作業、肥料散布)田植え(苗購入、苗植え)管理(除草作業、追加肥料)収穫(稲刈、乾燥調製)保管――なるほど。

耕作地はどうすればいいでしょうか?基本的には各地域の農業委員会の許可を得なければ田畑の取引はできませんが、今回は親戚縁者から借り受けるという形にして話をしましょう。

――田んぼを借りるにはいくらぐらいかかるのでしょうか?田んぼの借り賃は、1反(10a)あたり9,000円〜25,000円です。

もちろん所在場所・用水の利用などで変わります。

山の中などの不便な場所になるほど安くなります。

――イメージとしてはそんなに高くない感じですね。

田んぼ1反でどのくらいお米が収穫できるのでしょうか?収穫量は約500〜600?になりますね。

ちなみに1人あたりの米の年間消費量は約60?です。

――そうすると、1反の田んぼからの収穫で1人なら十分ご飯が食べられるということですね!――各工程ごとのコストはどうなるでしょうか?そうですね、作業の機械化の度合いによってコストに大きく開きがあるので「A」、「B」、「C」の3パターンに分類しましょう。

まったくお金をかけずに手作業で行う場合を「A 」、ややお金をかけある程度機械に頼るものを「B」、お金をかけてとにかく楽に作業するのを「C」とします。

(※以下で提示しているのは定価、あるいは平均的な価格なので注意してください)Aパターン:耕すための鍬(12,000円)+土ならし用のレーキ(3,000円)+雑草取りのための草刈鎌(800円)+有機肥料代(400円×15袋)=21,800円Bパターン:耕すための耕耘機(140,000円)+耕耘機用土ならしレーキ(12,000円)+除草剤(3,000円)+人力肥料散布機(15,000円)+有機肥料代(400円×15袋)=176,000円人力肥料散布機 http://www.maruyama.co.jp/products/08/index.html)耕耘機参照 http://www.honda.co.jp/tiller/products/f402.htmlCパターン:耕すためのトラクター(980,000円)+トラクター用土ならしロータリ(280,000円)+除草剤噴霧機(48,000円)+除草剤(3,000円)+肥料用動力散布機(85,000円)+有機肥料代(400円×15袋)=1,402,000円トラクタ参照 http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/tractor44/index.html#/bullstar/噴霧機参照 http://www.maruyama.co.jp/products/02/01.html動力散布機参照 http://www.maruyama.co.jp/products/05/index.html(※「レーキ」とは熊手のことです)自分でも苗を作れますが、今回は農協でコシヒカリの苗を買った計算です。

Aパターン:手植えのため苗代のみです。

苗代(700円×20セット)=14,000円Bパターン:苗代(700円×20セット)+歩行用田植機(208,000円)=222,000円歩行用田植機参照 http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/html/product/taueki/spw28c/index.htmlCパターン:苗代(700円×20セット)+乗用田植え機(690,000円)=704,000円乗用田植機参照 http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/new_cute/list/index.htmlAパターン:除草作業は土作りの時の鎌または素手で手作業。