女性特有の疾患「骨盤臓器脱」をケア - ジョンソン・エンド・ジョンソン

写真拡大

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーは、女性特有の疾患である、骨盤臓器脱に関する「骨盤底ケア通信」を発行。

同疾患の認知向上をはかるとともに、患者のQOL向上を目指すという。

同疾患は、臓器が本来の位置より下がり、場合によっては腟(ちつ)の外に出てきてしまう病気である。

女性の骨盤の中にある子宮、ぼうこう、直腸、腟(ちつ)などを支える骨盤底の筋肉や、靱帯(じんたい)の力が加齢とともに低下することが原因だそうだ。

排尿や排便のトラブルなどの症状が現れ、中高年女性のQOLを著しく下げるといわれている。

同社によれば、アメリカでは女性の10人に1人が生涯のうちに骨盤臓器脱か尿失禁の手術を受けており、スウェーデンの調査では、20〜59歳の女性の31%、出産経験者の44%が骨盤臓器脱だという報告があるという。

しかし、日本における同疾患に関する認知は低く、同社が2011年に同疾患のリスク層である50歳以上の女性530名を対象に実施した意識調査によれば、64%の女性が「知らない」ことが明らかになっている。

同通信では、骨盤底筋の緩みを予防・改善する「骨盤底筋体操」を紹介。

尿漏れ、頻尿の改善はもちろん、臓器がすでに腟(ちつ)から出てきている人でも、症状が軽度であれば、体操で改善することもあるそうだ。

また、一般の人からの電話相談を受け付けている「ウロギネホットライン」も紹介している。

看護師などの専門家が、同疾患に関する症状や日常生活の悩みについて一緒に考え、アドバイスを行うという。

WEBサイトでは、尿漏れや同疾患について詳しく解説している。