ユニクロがプランタン銀座に出店 2012年秋

写真拡大

 ファーストリテイリング傘下のユニクロが、東京・銀座3丁目の「プランタン銀座」に出店することがわかった。銀座エリアでは、3月にオープンしたグローバル旗艦店「ユニクロ銀座店」に次ぐ2店舗目。2012年秋を目処に出店が計画されている。 ユニクロがプランタン銀座に出店の画像を拡大

 銀座エリアにおいてユニクロは、中央通り沿いの銀座5丁目で運営していた銀座店を移転し、6丁目に開業した「ギンザコマツ」の核テナントとして新たにオープン。「ユニクロ銀座店」は1階〜12階の12フロアで売場面積は約1,500坪。世界最大の店舗として位置付けられ、メンズ・ウィメンズ・キッズの全ラインを展開している。 ユニクロが新たに出店を計画している「プランタン銀座」は、フランス・パリの百貨店「プランタン」との日本における提携店として、1984年4月に開業した百貨店。本館とモード館の2棟で構成され、「ファッションスペシャリティストア」として主に20〜30代の女性に向けて提案している。ユニクロは、2010年4月に新宿の「タカシマヤタイムズスクエア」に出店し、2011年9月には「ユニクロ東武池袋店」を拡大リニューアルするなど、百貨店への大型出店を加速。「プランタン銀座」への新規出店についてユニクロは「規模や内容について検討中」(同社広報)としているが、同館の顧客層やユニクロの出店方針から、主に女性客に向けた大型店になることが予想される。