強烈な存在感。アーティストが自らの血液を固めて作った自分の頭像

写真拡大


アートとはいったい何でしょう?

この世に存在するアーティストたちの方向性は様々です。表現内容や手法も様々です。でも、人の心を揺さぶり「常識」という名の偏見をふるい落とすものがアートなら、その中で心に強く刻まれるものが感動なら、これはとても感動的なアート作品といえるのではないでしょうか?

マーク・クイン(Marc Quinn)。彼は1997年から自らの冷凍血液を使って自分の頭像を5年おきに製作しているイギリスのアーティストです。一回に使う血液の量は4.5リットル、およそ5ヶ月間かけて採血したのち、自分の頭型に流しこんで肖像を作り上げていくそうです。

人間の頭の形をした血の塊を見て、ぞっとする人も少なくないでしょう。しかし、彼自身の肉体と精神が凝縮されたこの赤黒い分身は、強烈な存在感を放ちながら訴えてくるのです。自分は何者なのか、美とは何なのか。

ときには現実離れした妖艶さを放ち、ときには見る者に現実を突きつけて困惑させ、ふだんあまり直視することのない心の奥底に踏み込んでくるマーク・クイン。そんな彼の個性あふれる肖像ですね。


[Marc Quinn via Scientific American 画像:Marc Quinn]

Rumi