子どもの約4割が体温異常。予防には運動とこまめな水分摂取 - キリン

写真拡大

キリンMCダノンウォーターズは、4〜10歳の子どもと母親400組に対し、「子どもの体温異常に関する調査」を実施した。

調査の結果、約4割の子どもが体温異常を抱えており、睡眠や便通などの生活習慣が乱れている子が半数近くいることが明らかとなった。

調査は、4月14日〜16日・18日・19日・21日に、イオン大宮店 ファンタジーキッズーナに来店した親子(4歳〜10歳の子ども、ならびにその保護者400組)を対象に直接回答方式で実施した。

アンケート実施時の子どもの体温は、36℃未満の子どもが18%、37℃以上の子どもが19%。

調査を行った時間帯(昼過ぎから夕方まで)の子どもの適性体温は36〜37℃であるため、実に4割近くが何らかの体温異常を抱えていることがわかった。

また、子どもの運動頻度・運動時間と体温との相関関係についても調査。

その結果、運動している子どもほど高体温になりにくい傾向があることもわかった。

特に1回の運動時間が1時間以上・3時間未満の子どもは標準体温である割合が高く、体温異常を防ぐには適度な運動が有効と考えられる。

さらに、水分摂取させる頻度が多い(1日に9回以上)子どもほど体温異常になる割合が低い傾向にあることもわかった。

特に、1日11回以上水分を摂取している子どもは、体温異常を抱えている割合が27.3%と、全体平均よりも10ポイント程度低い。

水分補給の回数は子どもの健康を守る上で大切であると考えられる。