有名イラストレーターかんざきひろ「自作曲をニコニコ動画にアップしてダウンロード許可したら権利侵害のメールがきた」

写真拡大




『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のイラストで有名な、かんざきひろ氏。実は同氏は鼻そうめんPという名義で活動しており、『ニコニコ動画』に自作曲を投稿している。そんな自作曲を投稿していた際に起こった珍事を紹介。

『ニコニコ動画 Zero』からユーザーに音源をダウンロードさせることができる、ダウンロード許可機能というのができたのだが、かんざきひろ氏が自身が作曲した曲を『ニコニコ動画』に投稿しダウンロード許可をしたところ、『ニコニコ動画』運営から権利侵害のメールが来たというのだ。誰が何の権利を侵害したのか?

該当作品は『プラグアウト』と『LightSong』のリミックス。リミックスに関してはkz氏の許諾を得てリミックスし投稿しているという。にも関わらず、権利侵害という通達が届き、さらに使われている映像(初音ミクのイラスト)まで権利侵害だと言う始末。もちろんイラストもかんざきひろ氏が描いた物で、『ニコニコ動画』の運営は何も調べずに権利侵害の判断を出している。

かんざきひろ氏はダウンロード許可を非公開にし、現在は自分のサイトにてMP3ファイルを公開している。運営も万が一のことを考えて権利侵害のメールを出しているのだろうが、少し雑過ぎないだろうか。Googleなり『ニコニコ大百科』で検索したらものの数分で分かるレベルだろうに。

【初音ミク】プラグアウト【オリジナル】(ニコニコ動画)

※画像は『Twitter』と『ニコニコ動画』から引用。


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。