ボルボ、自動運転技術「SARTRE」によるロードトレインを公道で初公開

写真拡大

ボルボ・カーズ・ジャパンはこのほど、自動運転技術「SARTRE」によるロードトレインの走行実験を初めて公道で行い、成功を収めたと発表した。

この走行実験はスペインにて、他の一般車両も走る中で行われたという。

「SARTRE」は英国リカルド社の主導で進められているプロジェクト。

ボルボのほか、スウェーデン国立研究所、アーヘン工科大学車両研究所(IKA)、イディアダアンドテクニカ社などがこのプロジェクトに参加している。

より安全で環境に優しい交通システムをめざしており、その具体的な手段としてロードトレインの実用化をめざしている。

ロードトレインは先頭車両をプロのドライバーが運転し、追従する車両は自律制御により先頭車両の加速度、ブレーキ、方向などを監視してその動きを模倣する。

これによりドライバーは走行中に他のことをして過ごせるうえ、燃料消費率はおよそ20%向上するという。

自律制御では車間距離を極端に短くすることが可能なため、渋滞解消にも役立つ。

さらに、道路をいっさい改造することなく導入できるシステムであることも、「SARTRE」によるロードトレインのメリットだ。

今回の実験は一般車両が走行する公道で行われ、先導車1台に追従走行する4台はボルボのS60、V60、XC60 と1台のトラックが使用された。

それぞれの車間距離はわずか6mに設定され、1日で200kmを走破したという。