日本興亜損保、カンボジアの首都・プノンペンに駐在員事務所を開設

写真拡大

日本興亜損害保険は30日、カンボジア王国の首都プノンペンに6月1日付(予定)で駐在員事務所を開設すると発表した。

カンボジアは、ミャンマーと並び『ポストベトナム』として、周辺国の労働足や賃金上昇に伴い日系企業の進出が増加しており、今後もさらに進出が加速することが予想されている。

カンボジアでは、同社のマレーシアにおける出資提携先であるロンパック保険会社が現地の銀行と合弁にてCampu Lonpac Insurance Plc (以下「カンプロンパック」)を設立。

日本興亜損害保険はこれまでもカンプロンパックを通じて日系企業に保険サービスを提供しているが、このたび日系損保として初という駐在員事務所を開設する。

プノンペン駐在員事務所の開設により、カンプロンパックと連携してカンボジアに進出する日系企業へのサービス態勢の拡充を図っていく。