新橋で知らないとモグリ扱いされる魚居酒屋『魚金』がスゴい! 刺身3点盛り頼んだら7点出てきた

写真拡大

JR山手線などの新橋駅といえば、オヤジやサラリーマンが夜な夜な杯を交わす『聖地』として有名だ。

もちろんオジサンたちが大好きな居酒屋も多数軒を連ねているのだが、お店ごとに焼き鳥屋だったり寿司屋だったり、スペインバルはたまたイタリアンだったりとその形態は多種多様である。

しかしそんななかでも、お店の人気度というのはやはり違う。ガラガラなお店もあればいつ行っても入れない超人気店もあり、そういったお店は新橋だけで数店舗も店を作るほどものすごい人気を誇っている。

今回はそんな新橋の超人気店のなかでも、トップクラスに入りづらい美味しい魚をリーズナブルな価格で出すことで評判の『魚金』をご紹介したいと思う。

■新橋に数店舗ある店は6時台でもほぼすべて満席
魚金は立ち飲みやビストロ形式のお店を含めると、新橋に5店舗以上も出店している。それなのに早い時間からどこもすべてほぼ満席で、なかなか入ることができない人気ぶりだ。行くときはオープン直後に尋ねるなどしないと厳しいかもしれない。

■刺身の盛り合わせがとにかくスゴいことになっている
居酒屋によくある『刺身の盛り合わせ』、だいたいマグロやイカ、アジなど定番の魚が盛り合わせになっているが、魚金では刺身3点盛り(1280円〜)を頼むとなぜか7点ぐらい新鮮な貝や刺身がたっぷりと出てくる。

記者が訪れた日はカツオ・平貝・いわし・ホッキ貝・カンパチ・サバの6点と、アジまたはウマヅラハギのどちらか1点を選べる形式となっていた。アジを選ぶと1280円、ウマヅラハギを選ぶと1780円という価格設定なのだがどちらを選ぶにせよ、満足感は相当高いと思われる。ちなみにウマヅラハギは売り切れだったので、アジを選んだのだがどの刺身もかなり新鮮で、これが1280円とは信じられないぐらい美味しかった。

■日替わりの魚料理も豊富
魚金の更に良いところは、「日替わりの魚料理が豊富」という点もある。その日築地で仕入れた魚をその日に売り切ることでこのリーズナブルな価格設定を実現しているので、毎日違った魚を楽しむことができるのだ。ちなみにこの日にあったメバル1匹をまるまる煮付けたものは780円と破格の値段となっていたのだが、やっぱり売り切れていた。訪れた時間は6時ぐらいであったにもかかわらず、人気メニューが売り切れているのは人気店だからしょうがないか…トホホ。

■定番メニューも美味しい
イカワタのごろ焼きやバッテラなど、定番のメニューも豊富にありどれも合格点の味わい。刺身の盛合せは絶対頼むことをオススメするが、他にも美味しい料理はたくさんあるので迷ってしまう。

人気店はどこも入りづらいものだが、早い時間や若干遅めの時間であればなんとか入れる場合がある。17時台や21時台は狙い目の時間となっているので、美味しい料理をぜひ食べたいという人は頑張って空いているお店を探してみよう。

訪問店舗:魚金 4号店
店舗所在地:東京都港区新橋3-18-8 A1ビル
電話番号:03-5472-6400
営業時間:月〜金 17:00〜23:30 土 16:30〜23:30 日・祝 16:30〜23:00

レポーター:フードクイーン・佐藤
Photo:Rocketnews24


画像をもっと見る