任天堂より、ニンテンドーDS用装置の販売者に対する刑事摘発についての発表が行われた。

これは、「マジコン」の販売を行なっていた業者に対し、刑事摘発が行われたというもの。

「マジコン」はニンテンドーDSに施された技術的制限手段(セキュリティ)を回避してコピーゲームの起動を可能にするというもの。

これまでマジコン販売業者に対しては民事的手段を通じて警告を発してきたが、マジコンの販売を違法とする民事訴訟の確定判決、さらに不正競争防止法改正によりマジコン等の販売に刑事罰が導入された後もなお販売を止めない業者が後を絶たず、今回愛知県警察本部の協力を得、初の刑事摘発に至ったのだと言う。

マジコンの販売等行為を違法とする判決は、日本以外の各国でも相次いで出されているようだ。

【記事:フェイトちゃん】

▼外部リンク
任天堂 ニュースリリース