新築戸建ての成約価格、首都圏全体で前年同月比2カ月連続下落 - アットホーム

写真拡大

アットホームはこのほど、同社の全国不動産情報ネットワークから、2012年4月期における首都圏の新築戸建て・中古マンションの登録価格および成約価格の動向を発表。

首都圏全体では、新築戸建ての成約価格が前年同月比で2カ月連続して下落、東京都下では前年同月比・前月比とも成約価格が上昇したという。

首都圏の新築戸建て平均成約価格は、1戸あたり3,142万円。

前月比では1.1%上昇したが、前年同月比は1.1%下落し、2カ月連続のマイナスになった。

これは、6カ月連続下落している東京23区の平均成約価格が1年11カ月ぶりに4,100万円を下回るなど、ユーザーの低価格志向が進んでいることが大きな要因である。

一方、東京都下では、価格の需給バランスが改善し、前年比・前月比ともに上昇。

中古マンションでは、1戸あたり平均成約価格2,024万円と、前年同月比が6.0%下落し、3月期のプラスから再びマイナスとなった。

前月比は2ケタの下落で、前年同月比・前月比ともに下落。

大きな要因として、東京23区で1,000万円未満の物件の割合が増加し、9.6%の下落を招いたことがあげられる。

また、神奈川県でも9.1%下落しており、低価格志向が顕著となっていることが示された。