東京23区最大級の戸建て分譲地に、居住者専用コミュニティサイトを導入

写真拡大

ディグアウトは、中央グリーン開発が分譲開発する東京23区最大級の戸建て分譲地「パレットコート六町 東京ココロシティ」に、居住者専用コミュニティサイトCollabo(コラボ)の提供を開始した。

同サイトを通じて入居者同士で情報交換・情報共有することで、コミュニティ形成を支援するという。

同サイトは、同社が開発したASPサービス(パソコン・携帯電話)の居住者専用コミュニティサイト。

大規模マンションを中心に多数導入実績がある。

マンションや戸建て分譲地に対して、柔軟にカスタマイズすることができるという。

開発会社や管理会社、管理組合からのお知らせなどを掲載する「お知らせ掲示板」は、パソコンや携帯電話へのメール通知が可能。

SNS機能も備えており、居住者同士のサークルや委員会などのグループを自由に作成できる。

また、データ更新や資料電子化、入退去者対応など、作業代行支援なども同社にて対応可能。

さらに、カレンダーやフォトアルバムなど、便利なメニューを豊富にそろえている。

今回導入される同分譲地は、2012年5月中旬より販売を開始。

細やかな緑地計画や豊かなコミュニティ・つながりをコンセプトにした街づくりを行っていくという。

また、東京23区では初となる、「足立区防犯設計タウン」の第1号に認定されている。