桧家住宅、“光熱費0円”の秘訣を教える特設サイトをオープン

写真拡大

桧家ホールディングスならびに関連子会社6社は28日、節約や我慢をしない普段どおりの生活で、無理なく光熱費を抑える方法をまとめた特設サイト光熱費0円生活!をオープンさせた。

同サイトでは、実際に光熱費0円生活を満喫している家族のインタビューを交えながら、特別な節約や我慢をすることなく、光熱費を0円に抑えるための秘密について紹介。

“光熱費0円”を実現させるためのポイントは、太陽光発電システムによる創エネ効果と、消費する電力を抑えることによる省エネ効果の組み合わせにあるという。

桧家住宅では、現場発泡断熱材「アクアフォーム」と赤外線をカットする「アルミ遮熱材」を組み合わせた「Wバリア工法」を採用している。

高気密・高断熱による省エネ効果を発揮し、夏場に冷房の使用を無理に我慢しなくても、快適な生活を送ったままで節電効果を見込めるという。

こうした省エネ効果を実証するため、桧家住宅では住宅購入者に対して、電気料金のモニター協力を依頼。

実際の電気料金の明細を毎月集計している。

その結果、1年以上モニター協力をしている住宅購入者の家庭77%以上で、年間の光熱費が0円になっていることがわかった。

また、半数以上の家庭では、毎月5,000円以上のプラスという結果も出ているとのこと。

自社のノウハウやデータをもとにした同サイトにより、省エネに対するさらなる意識の向上と、省エネecoハウスへの興味喚起を図るのが狙いだ。

インタビューなどのコンテンツは今後も順次加えていき、サイトを拡充していくという。