お金が取れる最新情報を誰より早く−−キンドル×セールスフォース・ドットコム

安田雅美●ファシリティ&リスクマネジメント シニアオフィスマネージャー
大学卒業後、大学の研究所や法人立ち上げ等を経て渡米。仕事の傍ら現地の大学でクラスを取り、帰国。様々な業種のバックオフィスで経験を積み、2008年8月、セールスフォース・ドットコム入社。


「以前は、1キロ弱もある洋書を5冊も6冊も持ち歩くことがあった。今では300グラム弱のキンドル1台で済んでいるんです」

そんなふうに語るのは、クラウドセールスのセールスフォース・ドットコムでリスクマネジメント業務を担当する安田雅美さんだ。

キンドルとは米国の通販大手アマゾンが販売している電子書籍リーダーであり、リーダーに書籍コンテンツを供給するサービスの名称でもある。現時点では日本語版は提供されていないため、安田さんが09年12月に購入した機器も英語版である。

「専門分野のミーティングは米国のチームと英語で行う。必要な英語の専門書を彼らと同時期にダウンロードして読むことができるので、同じ情報を共有して議論をすすめることができます。日本語訳を待っていたのではとても間に合いません」

長期出張時の荷物もキンドルのおかげで減量できた。キンドル導入以前は、日本から持っていける専門書は2、3冊が限度。足りない分は貴重な時間を割いて、現地の書店へ出向き買っていた。それが今や、「仕事に必要な本に加えて、往復の飛行機の中で読む小説なども持ち歩けるようになりました」。

出張時だけでなく、通勤の満員電車の中でも「大きめの単行本くらいなので周囲に迷惑をかけずに読書ができます。ページをめくる操作も片手でできますよ」と安田さん。

書籍を読む以外の機能もたくさん用意されているという。安田さんは、キンドルをテーマにしたツイッターでそれらを学ぶことも多い。

「例えば英語表現を磨くためのツールとしても役立つことを知りました。米国のチームやクライアントと話す内容は高度で専門的な内容が多くなります。専門書でどのような表現を使って説明しているのかを確かめたいときは検索機能で調べます。また、読書中に英英辞典で調べた単語を貯めておくクリップ機能があるので、必要なときに、それらを再度抽出して復習することもできる」

電子機器は電池がなくなればただの箱だ。いざというときに専門書が読めなければ仕事に差し障る。しかし安田さんのようなハードな使い方でも「2、3日は大丈夫そう」。

電池が長持ちするのは、文字の表示装置がバックライトで照らす液晶ではなく、外光を反射させて表示する電子ペーパーのためだろう。その代わりモノクロ表示しかできないが、「専門書を読む用途ではカラー表示は必要ありません。それよりも電子ペーパーの、目が疲れにくいというメリットのほうが私には重要です」。

もう、「キンドル以前」の生活には戻れないという安田さんだが、これまで買っていたすべての本をキンドルに置き換えるつもりはない。

「好きな作家の作品は本として書棚に並べておきたいんです」

キンドルのおかげで、専門書だけでもダンボール箱1箱半処分でき、書棚に好きな本を並べるスペースをつくることができた。

洋書1500冊の情報と実用英語力の
同時強化ツール

(1)英語書籍を現地と同時に購入、次なる目標は新聞購読

購入画面で、本、新聞、雑誌から有料ブログまで最新のコンテンツを瞬時にダウンロード。現在は専門書を中心とした書籍しか購入していないが、「次の目標は英字新聞を定期購読することです。紙がたまらず、必要な部分だけ読めるのが魅力ですね」と安田さんは語る。

(2)購入画面には、お薦めの本が表示される

インターネット上の「アマゾン」と同じ形式で、「お薦め」の本が表示される。最大で1500冊ほど保存して持ち歩けるのが魅力だ。

(3)仕事の専門情報をリアルタイムで入手できる

安田さんが手がける仕事は、リスクマネジメント。情報が陳腐化しがちな職種だけに、英語の専門書を、翻訳を待たず入手できることが何よりの武器となる。「米国出張で、英語でプレゼンする際にも、業界の最新情報を知っていれば一目置かれるんですよ」。

(4)図版やグラフは画面いっぱいに拡大して見る

本の中に使われている図版やグラフは、画面いっぱいに大きく表示できる。簡単なプレゼンにも使える。

(5)英英辞典機能フル活用で英語力キープ

わからない単語を見つけたら、英英辞典機能を活用。下の部分に英語で意味が表示される。業界の最新用語もすぐにインプットできる。「日本で暮らしていると英語力を落とさないようにするのが大変ですが、この機能をフル活用することで、英語学習にも役立ちます」。

※すべて雑誌掲載当時