カルチャーニュースのサイト、Flavorwireが製作した"映画に初登場したときのスターの映像"では、あなたのお気に入りのスターの姿が見られるかもしれない。

例えば、TVシリーズ『ザ・オフィス』のジョン・クラシンスキーが、2000年のコメディー映画『ステイト・アンド・メイン/State and Main』に一瞬登場していたり、1980年のウディ・アレン監督作『スターダスト・メモリー』ではシャロン・ストーンが"カワイイ女の子"として出演している。

映画に初出演したスターの映像

<主な出演者・出演作>
ジョニー・デップ 『エルム街の悪夢』(1984年)、ニコラス・ケイジ 『初体験/リッジモント・ハイ』(1982年)
ジョン・ハム 『スペース・カウボーイ』(2000年)、マーク・ウォールバーグ 『勇気あるもの』(1994年)
マドンナ 『堕天使(または『マドンナ in 生贄』)』(1979年)
マシュー・マコノヒー&レニー・ゼルウィガー 『バッド・チューニング』(1993年)
ジャック・ブラック 『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』(1992年)
シルヴェスター・スタローン 『イタリアン・スタリオン』(1970年、ポルノ映画)
ジョナ・ヒル 『ハッカビーズ』(2004年)、マット・デイモン 『ミスティック・ピザ』(1988年)

なかなかよくできているこの映像。1点だけ訂正がある。それは冒頭に出てくるジャック・ニコルソンで、映像では1960年の『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』とあるが、正確には1958年の『ザ・クライ・ベビー・キラー/The Cry Baby Killer』が最初の作品だ。

マット・デイモン&レオナルド・ディカプリオ@ moviefone unscripted