人気のシューティングトイ「ナーフ N-ストライク ジョルトEX-1」で実際に遊んでみた

写真拡大

株式会社タカラトミー(http://www.takaratomy.co.jp/)から、スポーツシューティングトイ「ナーフ」シリーズ中で最も小さなコンパクトブラスター「ナーフ N-ストライク ジョルトEX-1」が今春より好評発売中だ。

「ナーフ」は1969年にアメリカで誕生した、世代を問わずスポーツ感覚で楽しむことができる新感覚“スポーツシューティングトイ”。今までのブラスター系オモチャではなかなか実現出来なかった“本格的なシューティング感”を実現したことにより、独自の“爽快さ”を実現しているのだそう。

しかし実際に撃ってみなけりゃ何とも言えん! ということで、早速この「N-ストライク ジョルトEX-1」をガンガン撃ちまくってみたのだが、まずそのコンパクトさと軽さに驚かされる。しかもグリップ部やトリガー部はしっかりとした作りで、握りやすさや撃ちやすさを損なうことのない形状。これはダーツ(弾)を発射するための(いわゆる撃鉄の役割を果たす)パーツをグリップ下部に配置したデザインのおかげだろう。

リボルバー・タイプの「マーベリック」

さらに弾道が安定しているため、ざっくりと照準を合わせさえすればかなりの高確率で的を射ることができる。これは的当てゲームなどには重要な要素。試しに吸盤付きダーツを装填し撃ってみたところ、面白いように貼りついてくれた。その飛距離はなんと約10メートルとのことだが、柔らかいスポンジ製なので思わぬ事故に繋がる心配も無い。


リロード無しで連射可能な「オートバリケードRV‐10」

当初は正直オママゴト的な子供向けのオモチャか?とタカを括っていたが、実際に使ってみてその性能やルックスにすっかり心を奪われてしまった。「N-ストライク ジョルトEX-1」以外でもリボルバー・タイプの「マーベリック」や、リロード無しで連射可能な「オートバリケードRV‐10」、果てはライフル型の「ボルテックスプラキス」などなど、ラインナップを彩るゴツいモデルを試し撃ちしたらもう止まらない。外に持ち出したい衝動こそなんとか抑えたが、誰ともなくオフィス内で射的大会が始まってしまい、その日は全く仕事にならなかったのは言うまでもない……。

ライフル型の「ボルテックスプラキス」

さて、この「N-ストライク ジョルトEX-1」だが、ポケットサイズのため携帯性にも優れており、シチュエーションとアイデア次第で様々な楽しみ方ができるだろう。ちなみにナーフは“スティック型”のダーツを使用する「短距離・コントロール性」に特化した『N−ストライク』と、“ディスク型”のダーツを使用する「長距離・パワー性」に特化した『ボルテックス』の2シリーズにて展開中。ブラスターは大小合わせて10種類あり、ショットガン・タイプや連射可能なリボルバー・タイプなど、否が応でも男子の心をくすぐるデザインが揃っている。

別売りのターゲットや補充用のダーツを準備して、思う存分撃ちまくるべし!

「N-ストライク ジョルトEX-1」を含む「ナーフ」シリーズは、全国の玩具専門店・家電/量販店等で購入可能だ。(動画url:http://www.youtube.com/watch?v=Clwhm1dRu6c)


■関連リンク

ナーフ

http://www.takaratomy.co.jp/products/nerf/