東京ステーションホテル公開 - 日本の首都の中心で、最高級のくつろぎを

写真拡大

JR東日本が実施した東京駅丸の内駅舎の報道公開では、駅舎内に開業する「東京ステーションホテル」の一部も公開された。

全6タイプの客室の中から「パレスサイド」「ドームサイド」の2室と、開業当初から存在したトンガリ屋根の内部を活用した最上階の「The Atrium」だ。

デザインコンセプトは「ヨーロピアン・クラシックと現代デザインの調和」という。

1915年に開業し、約100年の歴史を持つ名門ホテルが、復原された国の重要文化財・東京駅丸の内駅舎で、その歴史、格調、快適さにおいて新たな1ページを刻むことになる。

ホテル全体のインテリアデザインには、英国のリッチモンド・インターナショナル社を起用し、国内・海外から上質な素材を選んだという。

3階建てとなった丸の内駅舎のうち、2〜3階の大半をホテル客室が占める。

「パレスサイド」は東京駅の正面玄関と丸の内オフィス街に面した西向きの部屋。

客室数は81室あり、最も多いタイプだ。

広さは26〜58平方メートル。

公開された部屋は40平方メートル。

窓から皇居に通じる行幸通りが見えるほか、次々に建てられた丸の内のビル群が並び、夜には商業スペースのにぎやかな明かりを楽しめる。

高層ビルはほとんどがガラスのため、そこに映った空の色も楽しそうだ。

入室してまず驚くところは天井の高さだ。

2階は約3.7m、3階は約3mもあるという。

日本の中央駅として建てられた駅舎の堂々たる姿を生かすと、内側はこれくらいゆったりとした天井高になる。

この高さを引き立てるように、窓も縦長で採光も良好。

ベッド側の壁のボードも2mの高さで、広々とした室内を演出している。

この天井を楽しむために優雅なデザインのシャンデリアを採用している。

これは部屋によってデザインが異なるとのこと。

この部屋はツインルームタイプで、ベッドは120mm×200mmのセミダブルサイズ。

シモンズ社製で、クッションの高さは8.25インチと国内最高クラス。

照明もこだわり、ベッドサイドの読書灯はLEDを使い、明るく拡散しない光源で同室者に配慮した。

足元灯もバスルーム、トイレの照明と連動して通常の30%程度の明るさとなり、夜中に起きてもまぶしくならず、目が冷めないように考えられている。

洋風でまとめられている室内設備の中で、バスルームとトイレは日本らしさを強調した部分といえる。

バスタブはたっぷりと体を伸ばしてくつろげるサイズとなり、トイレはTOTO製のタンクレス、センサー開閉タイプの最新式だ。

駅舎の南北に再現されたドーム。

その内側は丸の内北口と丸の内南口で大勢の人々が行き交う。

そのドーム内部に面した部屋が「ドームサイド」。

最も東京駅らしい部屋と言えそうだ。

客室数28室で広さは30〜44平方メートル。

公開された部屋は44平方メートル。

雑踏に面し、ドームの響きもあってにぎやかそうだが、そこはちゃんと考えてあって、部屋の窓は二重構造になっている。

こちらは天井高がさらに高く、約4mもある。

円柱のドームに面しているため、部屋が「く」の字になっており、ベッド側とリビング側の空間にゆとりがある。

また、こちらのタイプはウォークインクローゼットがあるので、衣装の多い女性も安心だ。

それ以外の水まわりなどの設備は「パレスサイド」と同じ。

ちなみに、テレビは「ドームサイド」「パレスサイド」が40インチ。

他の部屋のテレビは、「クラシック」が32インチ、「スイート」は50インチとのこと。

インターネット設備はホテル全館で無線LANを使用可能。

客室は無線LANの他に有線LAN接続も利用できるという。

ベッドサイドテーブルの下部は暗証番号式の金庫になっている。