携帯電話やスマホを置くだけで充電「チャージパッド」を導入 - タリーズ

写真拡大

タリーズコーヒージャパンはこのほど、「タリーズコーヒー」店舗にパナソニック製無接点充電パッド「チャージパッド」の導入を開始した。

チャージパッドでは、Qi(チー)規格に対応した携帯電話やスマートフォン、モバイル電源を置くだけでワイヤレスで充電できる。

Qiは、Wireless Power Consortiumの登録商標で、ワイヤレス充電の国際標準規格。

今回の設置は、昨今のスマートフォンをはじめとしたモバイル機器の急速な普及にともない、タリーズコーヒー店舗でさらに居心地良く過ごしてもらえるようにと考えてのことだという。

5月25日現在の設置店舗は10店舗で、関東では東京駅八重洲地下街店、PCP 丸の内店、東京ビッグサイト店、神保町三井ビルディング店、天王洲アイル店。

関西では阪急三宮サンキタ通り店、梅田スクエアビルディング店、淀屋橋店、ヤマダ電機なんば店、広島シャレオ店。

2013年3月までに、新規出店店舗も含め随時設置していくとのこと。