写真を撮る枚数が多い人ほど、生活に満足感あり - しまうまプリント調べ

写真拡大

ネット写真プリントサービス事業を行うしまうまプリントシステムは、6月1日の「写真の日」にちなみ「写真に関する意識調査」を実施した。

調査の結果、撮りたい写真撮影スポットは「東京スカイツリー」がダントツの第1位となった。

同調査は、全国のしまうまプリント会員5,861人を対象に5月2日〜5月11日まで実施。

まず「写真を撮りたい注目のスポットはどこですか?」という質問に対し、1,434人が「東京スカイツリー」と回答。

2位の東京ディズニーリゾート(634人)を大きく引き離してダントツの1位となった。

また、10代〜50代以上の各世代に「写真は月に何枚撮りますか?」という質問をしたところ、各世代とも半数以上が「21枚以上」と回答。

特に50代の方の約3人に1人が、毎月50枚以上写真を撮っているという結果が出た。

さらにライフスタイルについて、「今の自分の生活に満足していますか?」という質問をしたところ、1カ月に撮影する枚数が多い人の方が、「十分に満足している」と答えた割合が高くなっているという結果となった。

「日常を写真に収め、見返すことで、生活が充実する工夫ができるのではないか」と同社はみている。

また、1カ月に撮る枚数が多い家庭ほど、母親からの父親の「育メン」認定率が高いこともわかった。

家族で写真を撮る機会は、夫婦・親子のコミュニケーションの一つとしてあげられるようだ。