『レオン』より18年 リュック・ベッソン監督渾身のニューヒロイン“カトレア”誕生!

写真拡大

アクション・ドラマの傑作『レオン』から18年、かねてから続編制作を切望していた鬼才リュック・べッソンのオリジナル脚本により、その遺伝子を受け継ぐ新たなヒロインが誕生。映画『コロンビアーナ』のポスタービジュアルが解禁となりました。

コロンビアーナ『コロンビアーナ』の主人公は幼いころにマフィアに両親を目の前で殺され、人生の唯一の目的が“復讐”となってしまう悲しくも美しい暗殺者、カトレア。“これぞリュック・ベッソン”なノワール・ムービーです。

また、ベッソン監督と言えば『レオン』のナタリー・ポートマンや『フィフス・エレメント』のミラ・ジョヴォヴィッチなど無名の女優をメインキャストに大抜擢する、美人女優発掘の名手。

気になる今回のヒロイン・カトレアを演じるのはジェームズ・キャメロン監督の『アバター』や『スター・トレック』でブレイクしたゾーイ・サルダナ。美し過ぎる暗殺者を、その完璧に鍛え上げた肢体と、驚異的な身体能力で熱演します。

監督を務めるのは、『トランスポーター3 アンリミテッド』等でリュック・ベッソンとタッグを組んだオリヴィエ・メガトン。『レオン』、『ニキータ』に次ぐ新たなヒロインの伝説に今から期待が高まります。映画『コロンビアーナ』は2012年9月1日より全国ロードショー。

それにしても、あの『レオン』から18年経っているという事に驚きを隠せません。あの美少女が今やママですからね!

コロンビアーナ
http://www.colombiana.jp/

(C)2011 EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS