『日本おつかれ大学』のオルニ・チン学長が『ニコ生』で人気生主・横山緑と“健康”を語る! ところで学長って志茂田景樹さんですよね?

写真拡大




世の中から疲れをなくすべく開校したバーチャル大学……その名も『日本おつかれ大学』。そんな『日本おつかれ大学』の学長である“オルニ・チン”氏が、なぜか突如ガジェット通信を来訪。『ニコニコ生放送』で“疲れと健康”をテーマにトーク番組を行った。しかしこの学長、なんだかとてもカゲキなあの直木賞作家に似ているのだが……。

コメンテーターとして参加するのは自称“健康をつかさどる男”、人気生主・横山緑。彼も健康については詳しいようなのだが、なにしろ好戦的な性格のため、学長とケンカにならないか心配である。そして司会は二宮係長。アシスタントはsmica

※すべての画像をご覧いただけない方はガジェット通信をご覧ください。
http://getnews.jp/archives/217355

日本おつかれ大学

二宮「ど派手な学長さんですね!」
学長いやいや。地味です。

鮮やかなカットソーに真っ白なベストとパンツ、大きな蝶ネクタイで、異世界から来たかのような存在感を放ちながらも謙遜する学長。

視聴者からは「志茂田さん?」「志茂田景樹きたー!」などのコメントが相次ぐ。だが……。

二宮「お名前は“オルニ・チン”さんでよろしいんですか?」
学長「ボクは“オルニ・チン”!」
「なんか似た奴見たことありますよ!」
学長「ボクもなんか似た奴見たことあるけどネー」(一同笑)

どうやら志茂田景樹さんではないようだ……どう見ても本人なのだが……。

●『日本おつかれ大学』とは
日本おつかれ大学
“健康を維持するため、世のなかから疲れをなくすこと”を目標として日夜研究に励んでいるのが、オルニ・チン氏が学長を務める『日本おつかれ大学 オルニチン学部』。ウェブ上で展開するバーチャル学校なのだそう。

二宮「こういう大学を創立したということは、学長ご自身もお疲れでいらっしゃるんですか?」
学長「そうね。人間はね、ぜんぜん疲れないのもダメなの。メリハリが大事。少し疲れて、その疲れをとって、疲れの何倍か楽しむ。そのサイクルがいちばん健康的なの

さっそく、健康にまつわる金言が飛び出す学長なのであった。

●“疲れ”には肝臓が関係している
疲れのキーとなるのは“肝臓”。肝臓の処理能力に限界が来ると、脳に疲労サインが送られてしまう。日常生活のなかでは、食べすぎや睡眠不足、精神的ストレスなどが肝臓疲労の原因となる。
日本おつかれ大学
二宮「ちなみに学長は忙しそうですけど睡眠不足とかありませんか?」
学長「ボク昔から5時間から6時間くらいの睡眠で起きちゃうのね。でも熟睡しているから、睡眠不足っていう意識はないです。ただ睡眠が4時間以下になると、昼間眠くなっちゃう」
「それ年だからじゃないですか?」

しれっと失礼なことを言う緑氏。

学長「いーえ! 若いときからよ。それにボクそんな年じゃないよ」
係長「失礼ですけど学長はおいくつですか?」
学長“新・12才”

謎の年齢に一同ざわめく。

学長「ボク還暦迎えて、そこで一回リセットして“新・0才”。そこから12年経ったから“新・12才”」

つまり60+12=72才……!

係長「お元気ですね!!」

背筋もシャンとした若々しい学長の実年齢に、出演者もスタッフも驚きを隠せない様子だった。

●肝臓疲労が起こるとどうなるのか?
食べ過ぎ・飲み過ぎ、睡眠不足、ストレス、過度の運動など、日常的な行いの一つひとつが、肝臓の酷使や脂肪の沈着につながり、“肝臓疲労”を引き起こす原因になる。使い過ぎや脂肪沈着のために機能が低下した肝臓は、代謝や解毒といった役割を十分に果たすことができず、エネルギー不足や毒素の蓄積により疲れてしまうのだ。

日本おつかれ大学
二宮「“エネルギーを作り出せない”って緑さんあてはまってますよね。“笑わない”ことをポリシーにしてますけど、“笑わない”んじゃなくて“笑えない”んじゃないんですか?」
「“笑わない”ことによって、エネルギーを蓄積してるんですよわたくしは!」
二宮「ストレスとか発散できてないんじゃないんですか?」
緑「適度なストレスは体に良いんですよ! ですよね?」
学長「それはいいこと言った! 人間はストレスが全然なかったらダメなんですよ」
「そのとおり! 学長、なかなかよくご存知じゃないですか」
学長「いやいやー、学長だからねェ」

なんだか意気投合しはじめた緑氏と学長だが……

「学長。僕を『日本おつかれ大学』の生徒として雇いませんか?」
学長「ん〜、学生数が増えたら考えてみる。今のところ少数精鋭でやってるから、あんまり変な人は入れたくないからね(笑)」

●オルニチンが肝臓を助ける!
日本おつかれ大学
肝臓の機能が低下すると、全身の疲れにつながりやすい。そこで、そんな肝臓の力を助けるオルニチンという物質に注目なのだ。オルニチンはアンモニアの解毒を促進してくれる。すると、肝臓に余裕が出て疲労をしにくい状態になるのである。

オルニチンが多く含まれる食材はキハダマグロ、チーズ、ヒラメなどだが、含有量はシジミが飛びぬけて多い。

これらをまとめると
・肝臓はいろいろな機能を持っている
・肝臓が疲れると全身が疲れやすくなる
・オルニチンは肝臓の解毒機能に大きく貢献する
・オルニチンはシジミに多く含まれている

ということになる。

●『日本おつかれ大学』ウェブサイトで「学長を捜せ」を遊ぼう
疲れについてまじめに勉強したあとは、しっかり楽しむことも必要。学長のお言葉どおり“メリハリが大事”なのだ。

そこで、このたびリニューアルした『日本おつかれ大学』のサイトで遊んでみることに。

日本おつかれ大学
二宮「“学長を捜せ”というコンテンツが遊べるそうなんですが、やってみましょう!」

画面に現れるものすごい数の学長に、圧倒される出演者たち。

「うわぁああ!」
二宮「このなかから、画面右の学長と同じポーズの学長を捜すんですね(笑)」
「撮影時間どれくらいかかったんですか?」
学長「朝の10時から夜の8時半くらい」
smica「難しいですねこれ! 全然見つからない」
学長「ボクも見つけられない……」

学長本人ですら苦戦する超難関ゲームだが、がんばって学長を3人見つけるととっても良いことが……。

日本おつかれ大学
日本おつかれ大学
なんと、“疲れ”をテーマに撮影された、学長のおしゃれすぎる壁紙がもらえるのだ!

二宮「超おしゃれですよ。かなりアートになってますよね」
「深いなぁこれ……」

また、この「学長を捜せ」で最高ランクの成績を出すと、更にいろいろな学長の写真が詰まった『オルニ・チン学長スペシャル写真集』がプレゼントされるのだとか。

そして緑氏も、学長に対抗して写真を撮ってきたらしいのだが……うーん……。
日本おつかれ大学
日本おつかれ大学
学長「これ作業用のパンツ履いてるの?」
「作業用じゃないですよ! 4000円で買ってきたやつです」
学長「4000円。じゃあユニクロだ」
「学長、この写真欲しいですか?」
学長「ううん! 欲しくない」
smica「率直(笑)!」

『日本おつかれ大学』ウェブサイト - http://www.otsukare-univ.jp/

●番組の最後に……
二宮「放送を見ている人たちのなかでお疲れの方もいると思いますけど、最後になにかメッセージをいただけますか」
学長「健康ということをあまり難しく考えないでください。自分自身を解放させて、楽しむ。それでいいんです。でもそのためには、ほんの少し疲れを意識した方がいいです」
二宮「少し疲れるくらいのほうがむしろ健康にいいということですね。それでは今日はこのへんで……」
「え、もう終わり? もっと学長と話したかった……」

二宮「じゃあ学長に人生相談してもいいですよ(笑)。学長ってすごいんですよ。『Twitter』をやられてるんですが、フォロワーが12万人。そこで人生相談にものられてて」
「えっ、じゃあひとつ聞いてみたいです。“結婚は人生の墓場”と言いますけど、学長にとって結婚とはなんですか」
学長「結婚は“スタート”ですね。何を始めるのであっても、それが“人生の最初のスタート”。あなたはまだシングルなの?」
「はい。元々もうちょっとで結婚するはずだったんですけど、とあることによってダメになっちゃったんです。やっぱりね、なにが起こるか分からないのが、人生のいいところです……」
学長「すこしその後遺症引きずってるわねぇ……(顔をまじまじと見つめながら)」
日本おつかれ大学

沈痛な面持ちのまま押し黙る緑氏。

二宮「今のところもっと深く掘り下げたい感じしますけども(笑)」
「掘り下げないでください……」
学長「緑さんは『Twitter』やってないの?」
「『Twitter』はちょっと……。学長は『ニコニコ生放送』やってます?」
学長「ううん。やってない」
「今度一緒にやろうぜ」
(一同笑)
二宮「スカウトしちゃいましたけども(笑)。学長、機会があればまた是非お越しください! それではみなさん、さようなら!」

日本おつかれ大学
ここに書ききれないほど、“健康”や“人生”に対するさまざまな知恵を番組内で語ってくださったオルニ・チン学長。その人柄にすっかり魅了され、心を開いてしまった様子の緑氏だが、この二人のまたの共演はあるのだろうか? 期待したいところである。