北海道の滝川署は2012年5月28日午後4時頃、滝川市内の神社でさい銭泥棒をはたらいた男を逮捕した。この男はさい銭箱のそばで不審な動きをしており、宮司が発見し声をかけたところ、1円玉を差し出して盗んだことを認めたという。この事件について、ネットユーザーはお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの生活保護不正受給疑惑を取り上げ、「生活保護は出ていなかったのか?」や「河本の真似をしたら捕まらなかったのに」など、コメントしている。
 
この事件は、同日午後3時45分頃発生した。滝川神社境内のさい銭箱付近で、不審な動きをしていた自称無職の男は、宮司に声をかけられて盗みをはたらいたことを認め、通報により駆けつけた警察官に逮捕された。

さい銭箱に鍵はかかっておらず、その当時数百円入っていたようだ。このことについてネットユーザーは、次のように反応している。
 
「1円でも欲しいと思う、こういう人の生活を保護してあげようよ」
「こういう人にこそ生活保護を。それにしても1円って、泣ける」
「1円でも盗んだら泥棒だわな」
「河本の真似をしたら捕まらなかったのにね」
「警察よ、税金泥棒の生活保護不正受給者を捕まえろよな」
「本当に1円で逮捕するのか? もっと悪い奴がいるだろう」
「1円の窃盗で逮捕。片や1億円近い不正受給でも逮捕されず」
「河本その他はこれを見て何を思うか」
「たかが一円でも盗めば泥棒なんだよ」
 
……など、同情的な意見がある一方で、「盗みは盗み」として逮捕されてしかるべきというコメントもある。また、母親が受けていた生活保護の返納の意志を示している河本さんに対する発言も多く見られる。

一部のネットユーザーが言っているように、この事件を河本さんはどのような思いで受け止めるのだろうか。非常に気になるところである。

参照元:スポニチAnnex