ツンデレな女の子たちと学園生活を送ろう!『つよきす3学期 Portable』レビュー

写真拡大




こんにちは。今回プレイさせていただいたゲームは2012年5月31日発売のPSP用ソフト『つよきす3学期 Portable』です。強気な女の子たちと恋愛を楽しむ強気っ娘恋愛アドベンチャーのPSP版第三弾目です。

●あらすじ

私立“竜鳴館”に通う主人公“対馬レオ”。仲間たちと夏中に彼女を作ろうと話していたけれど、何も進展しないまま3学期へ。

相変わらず自由奔放な生徒会長霧夜エリカを始め、エリカに翻弄されながらもサポートする佐藤良美、そしてレオの親友蟹沢きぬ、伊達スバル、鮫氷新一。2学期に転校してきた橘瀬麗武もクラスになじみ、いつもにぎやかな2-Cの面々。

しかし、レオをいつも世話してくれる従姉の鉄乙女は、今年で卒業。いやいやながら、ともに生徒会を支える後輩椰子なごみや、レオの昔ながらの幼なじみ近衛素奈緒など、様々な生徒たちが感慨深い思いを抱く。

果たして、3学期はどんな騒ぎが起こるのか……。

●魅力的なキャラクターとすごす学園生活


プレイヤーは主人公対馬レオとして学園生活を送ります。このレオくんは従姉の鉄乙女先輩と同居しており、朝は馬乗りになって起こしてもらったり、朝晩のごはんを作ってもらったりと非常に羨ましい生活を送っています。風紀委員であり拳法部でもある乙女さんは、非常に真面目で姉御肌なキャラなのですが、おにぎりしか作れない料理下手であったり、エアコンのタイマーが設定できないという機械オンチな一面もあり、そこがまたかわいいところでもあります。


ほかにも登場するキャラクターのほぼすべてがツンデレ、強気な女の子のみという素晴らしいゲームです。全員のキャラがめちゃくちゃ立っているので前作や前々作をプレイしていなくても開始数分でキャラクターが把握でき、ゲームの世界にのめりこむことができます。恋愛アドベンチャーゲームは初プレイなのですが、操作が非常にシンプルなためキャラクターとストーリーに集中することができました。ツンデレが多く登場するということでワクワクしながらプレイした結果思ったのですが、正直ツンデレをなめてました。

●ツンデレの魅力

ツンデレとは、みんなといるときはツンツンしているのにふたりきりになるとデレデレする、というのが基本形だそうです。つよきすに登場する女の子たちは基本に忠実でありながらも実に多くの変化球を投げてくる曲者ぞろいです。私が思うにツンデレで重要なのは、なぜツンツンしているのかと、どこでデレデレしはじめたかであります。ただ単に素直になれないだけがツンデレではありません。幼なじみという近さゆえに本当の気持ちに気づかない男子みたいな女の子や、軽い気持ちでイジワルしていたのにいつのまにか仲良くなってるお嬢様まで、本当にいろんなツンデレ女子が登場します。私が思い描くツンデレ像を凌駕(りょうが)するほどの多種多様なシチュエーションが描かれているのでツンデレ好きもかわいい女の子好きも大満足です!


●ネタ満載のシナリオに思わずニンマリ


キャラクターだけでなく、ストーリーの面白さもまた『つよきす』の魅力です。元ネタを知っていれば思わずニヤリとしてしまうネタから、堪え切れず笑ってしまうネタまで豊富なラインナップで楽しませてくれます。アニメや漫画やゲームのネタだけでなくネットで見たような小ネタまでそろっていたのでプレイしながら不覚にも吹いてしまいました。ちなみに私が特に気に入ったのは隣に住む幼なじみ蟹沢きぬがバイトしているカレーショップ“オアシス”の店長です。見た目もしゃべり方もツボに入ってしまいました。

●今回はなんとフルボイス

また、今回の『つよきす3学期 Portable』から主人公以外がなんとフルボイスという豪華っぷり。フルボイスですよ、フルボイス。非常に高い演技力が要求される“ツン”と“デレ”ですが、青山ゆかりさん、金田まひるさん、北都南さんといった豪華な声優陣によって見事に演じられております! プレイされた皆様が無事に三次元に戻ってこれますようお祈り申し上げます。それでは私は『つよきす』の世界へ行ってきます、探さないでください。


タイトル:つよきす3学期 Portable
機種:プレイステーション・ポータブル
ジャンル:強気っ娘恋愛アドベンチャーゲーム
発売日:2012年5月31日
価格:特別限定版 9,975円/通常版 6,825円
サウンド:I've Sound
公式サイト:http://www.netrevo.net/products/tk3p_t.html

(C)Candysoft / revolution

(ゲームレビュアー:srbn)