ボルボ、歩行者の頭部を守る世界初「歩行者用エアバッグ」しくみ公表

写真拡大

ボルボ・カーズ・ジャパンはこのほど、新型V40に採用される世界初の「歩行者用エアバッグ」のしくみを公表した。

独自のエアバッグシステムにより、ボンネットやフロントガラス、Aピラーによる頭部の損傷を軽減する。

交通事故死亡者のうち、歩行者事故の割合はヨーロッパで14%、アメリカで12%、中国で25%。

対する日本は36%と、高い比率になっている。

歩行者の受ける深刻な頭部外傷は、ボンネットの下にあるエンジンなどの部品や、フロントガラス、Aピラーに頭部が衝突することによって引き起こされる。

ボルボの「歩行者用エアバッグ」は、展開するとボンネットを10cm押し上げてフロントガラスの下1/3とAピラーを覆う。

頭部がフロントガラスやAピラーに衝突するのを防ぐのはもちろん、ボンネットに頭部が衝突した場合でも、エンジンなどの硬いパーツとの間に大きな間隔があることから、ボンネットの変形で衝撃を吸収し、致命傷を防ぐしくみだ。

エアバッグは7つのセンサーで制御されており、システムが起動してから完全に膨らむまで1/200〜1/300秒となっている。

また、このシステムは磁束20〜50kmで走行しているときに作動する。

歩行者が関係する事故のうち、75%が時速40km以下で発生しているという。

このシステムは3月に行われたジュネーブショーで発表された。

また、このシステムを搭載した新型V40は、日本では来春の発売が予定されている。