東京メトロ、妙典駅に太陽光発電システム - 残る東西線地上駅にも順次導入

写真拡大

東京メトロは28日、東西線妙典駅に太陽光発電システムを導入すると発表した。

発電能力は280kWを見込んでおり、今年7月の完成をめざすという。

同社は環境に優しい地下鉄をめざして、「みんなでECO. 東京メトロ・エコプロジェクト」を展開している。

環境配慮型車両として千代田線16000系や銀座線1000系を投入し、銀座線田原町駅を皮切りにLED照明の導入も実施。

地上駅への太陽光発電システム導入も進められ、千代田線北綾瀬駅(発電能力20kW)、東西線南行徳駅(発電能力40kW)に続く3駅目として、妙典駅に導入されることに。

妙典駅は東京メトロ東西線の高架区間(南砂町〜西船橋間)にある駅で、開業は2000年と東西線の駅では最も新しい。

2面4線のホームを有する同駅はホーム屋根の面積が広く、太陽光パネルを多く設置できることから高い発電能力を発揮すると予想される。

発電開始後の年間発電電力料は約25万7,000kWhが見込まれ、これは南砂町〜西船橋間で使用される消費電力の約2.8%に相当し、142トンのCO2削減につながるという。

太陽光発電システムの導入により、晴天時の昼間はエスカレーター、エレベーター、照明などの付帯電力を太陽光発電でまかなえるほか、発電量が多い場合、隣接する駅に融通しての利用も可能となる。

なお、東京メトロは東西線地上駅の残る5駅(西葛西駅、葛西駅、浦安駅、行徳駅、原木中山駅)についても、本年度中に太陽光発電システムを順次導入する予定としている。