セディナ、海外専用プリペイドカード「キャッシュパスポート」申込みを取次

写真拡大

三井住友フィナンシャルグループのセディナは28日、MasterCard Worldwideのグループ会社であるアクセスプリペイドジャパン(以下APJ)と提携し、6月1日よりAPJが販売する海外専用プリペイドカード「キャッシュパスポート」の申し込み取り次ぎをセディナが開始すると発表した。

「キャッシュパスポート」とは、日本国内で事前に日本円を入金することで、海外のMasterCard加盟店でのショッピングやATMでの現地通貨の引き出しができるプリペイドカード。

外貨両替やトラベラーズチェックの利用よりも手軽で、発行にあたっても入会審査などが必要ないため、海外での買い物で多様な決済手段を希望する場合や、海外留学をしている人への送金に代わる手段として利用できるなど、利便性の高いカードとなっている。

利用する人のニーズに合わせて、米ドルカード・日本円カード・ユーロカード・英ポンドカード・豪ドルカードの5種類から選ぶことができる。

入金は指定口座への振り込みで、入金できる金額は1万円から100万円まで。

「キャッシュパスポート」の申し込み取り次ぎ開始に合わせて、申込キャンペーンを開始している。

2012年6月1日(金)から2012年8月31日(金)までの間にセディナ経由で「キャッシュパスポート」を申し込み、かつ初回に1万円以上入金した人に特典として、初回入金額に500円分を追加してチャージする。