寝そべり派に便利な“どこでも机” PC作業も勉強にも使える画板『Scribe』

写真拡大




ベッドやソファ、あるいは床でゴロゴロしながら勉強したりパソコンで作業をする“寝そべり派”のみなさんにおススメしたいアイテムの登場です。トリニティは、Quirky社の新製品『Scribe(スクライブ)』を5月28日に発売しました。価格はオープンですが、同社オンラインストアでの販売価格は4480円(税込み)。

どこでも机『Scribe』
どんな場所でもコレさえあれば、勉強や仕事ができる環境にできちゃう? 『スクライブ』は、持ち運び可能なボード状の簡易デスク。膝に載せてノートパソコンや開いた本、ノートを置くのにほどよいサイズです。読書やスケッチ、ノートを書きたいときなど、室内・戸外を問わずにどこでも使えます。

どこでも机『Scribe』
ベッドやソファ、床に寝転がっても使えるようにほどよく傾斜をつけ、本やノートパソコンがずれないようにストッパーを装備。また、クロス型ストラップを使えばノートパソコンを固定したまま持ち運ぶことも可能です。

どこでも机『Scribe』
ペンホルダー、持ち運びや壁掛け収納可能なハンドルも搭載。天気のよい休日に、公園の芝生に寝転がって使うのもちょっと良いかも? サイズはW420×H370×D130mm、重さ1.1kgです。