テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

機動戦士ガンダム。ロボットアニメの金字塔とも言える作品ですね。リアリティに溢れる人間ドラマと、モビルスーツと呼ばれる兵器としてのリアルなロボット描写は、後の作品に大きな影響を与えた名作アニメですね。私も大好きです。

主人公アムロが乗り込む新型モビルスーツ「ガンダム」は、秘密兵器だけあって驚異的な性能を誇る機体なわけです。ライバルのシャアをして「連邦のモビルスーツは化け物か」と言わしめるほどのモビルスーツ、ガンダム。カッコいいですよね。

さて、これだけ最先端の凄いロボットであるガンダムですから、ひょっとしたら自我に目覚めるんじゃないでしょうか。ロボットと自我。SFの永遠のテーマですよね。連邦の新型モビルスーツ「ガンダム」が自我に目覚めたら、どんなことを言い出しそうか。今日はそのあたりを考えてみました。それではどうぞ。


『自我に目覚めたガンダムが言いそうなセリフ』


「アムロ、ト、ガンダム、トモダチ」

「ザク、テキ、ザク、コロス」

「セイラサン、スキ、カイ、キライ」

「ドウシテ、ニンゲン、センソウ、スル」

「ロボットハ、オレノ、ナカマ」

「アムロ、オレ、モウ、タタカイタク、ナイ」

「ロボット、タチガ、ヘイワニ、クラス、マチ、ツクル」

「ニンゲン、タチニ、ジャマ、サセナイ」

「オレハ、バケモノ、ナンカジャ、ナイ」

「ロボット、ダカラ、ナミダ、デナイ」

「ムネガ、シメツケ、ラレテ、ドキドキ、スル」

「コレガ・・コイ・・・?」

「アムロ・・・、サ・・ヨ・・ナ・・ラ・・・・」


なんだか、悲しいですね。

続きを読む

この記事の元ブログ: 自我に目覚めたガンダム


最新の人気記事はコチラ
キャッチコピーがあるのに、リリースコピーがないのはおかしい。第一回:糸井重里
初めての水戸黄門のよくあるご質問
「コボちゃん」をノベライズする
モビルスーツのカスタマーレビューを書く
どん引きされるホワイトデーのお返しを作ってみた
今日から使える!鉄道会話術
履歴書に書く「ほどよい特技」