発音も聞けちゃう、知って得するidiom情報 (16) all kidding aside

写真拡大

これは日本語で言うところの「冗談はさておき、冗談は別として」に当たるもの。

話の間に「さーこれから本当のことを言うぞ」と言うときの前置きとして使われるのは英語も日本語も同じ。

たとえば、“[たらたら何かを話しての]〜 All kidding a side, I really like your proposal.”「〜冗談はさておき、わたしは君の提案が気に入っている」のように。

まず[all]はしっかりと言う感じ。

そして[kidding - aside]は[kidin(g)aside(キディン【グ】アサイド)]と2つの単語を1つの塊のようにして言うといいです(音声1参照)。