人材総合サービスのランスタッドは、働く人をひきつける「エンプロイヤーブランド・企業魅力度」を調査・表彰するランスタッドアワード2012の調査結果と受賞企業を発表した。ランキング1位にソニー、2位にオリエンタルランド、3位にパナソニックが入った。海外企業部門の1位はアマゾンとなった。

 調査は、大手企業170社(日本企業145社、海外企業25社)を対象に、全国の18〜65歳の男女8004人に「社名を知っているか」と「その企業で働きたいかどうか」を聞き、評価の高い企業を明らかにした。

 日本企業1位のソニー、海外企業1位のアマゾンともに、幅広い年齢層から支持を受け、特に35歳未満の年齢層から支持を得た。ランキング上位には、食品、レジャー、航空、家電、自動車など、主に消費者向けサービス・製品を扱っている企業が入った。

 調査では「社名を知っている」と回答した人に対して、「給与が高額・福利厚生が充実」「キャリアアップの機会」「快適な職場環境」などの10の指標に対する印象も聞いており、各企業が評価を受けている指標も明らかにしている。
 
 日本での調査を監修した佐藤博樹東京大学大学院教授は「こうした調査結果を活用して自社の評価されている点を確認することは重要だ。魅力を感じている人材の層と採用したい人材の層が一致していれば効率的な採用につながる」と講評した。

 ランキング上位20社、海外企業部門上位3社は次の通り。

 1位ソニー、2位オリエンタルランド、3位パナソニック、4位味の素、5位明治ホールディングス、6位任天堂、7位全日本空輸、8位日清食品ホールディングス、9位シャープ、10位キリンホールディングス、11位花王、12位キヤノン、13位富士フイルムホールディングス、14位大塚ホールディングス、15位アサヒグループホールディングス、16位東芝、17位ヤマハ発動機、18位本田技研工業、19位日本電信電話、20位トヨタ自動車。

 海外企業1位アマゾン、2位ジョンソン・エンド・ジョンソン、3位プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン。

自律の視点でこれからの働き方を提言ー総合研究開発機構
東京都が「ファミリーデー」実施企業を募集、家族が職場を訪問
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。