「TOKYO DESIGNERS WEEK 2012」開催日程が変更

写真拡大

デザインアソシエーションNPO(川崎健二代表)は、当初2012年10月27日(土)〜5日(月)の10日間と発表していた「TOKYO DESIGNERS WEEK 2012」の開催日程について、10月30日(火)〜11月5日(月)の7日間に変更すると発表した。会場の都合が理由。

なお今回の開催テーマは「HOUSE」「PLAY」。会場構成を手掛けるショーデザイナーには建築家の藤本壮介氏を起用、テントを円状に繋げ、広場をつくり、中央から放射状にコンテナや学校作品展スペースを配置するなど、会場全体の一体感と賑わいをつくる会場構成となる。具体的なコンテンツとしては、メインとなる「TENT」、貨物用コンテナを再利用するという、オリジナルコンテンツ「コンテナ展」、15部門に拡大した「学校作品展」、直径約30mの巨大映像ドーム「TDW DOME」、デザインとアートが融合する「TDW ART」など。メイン会場は明治神宮外苑前絵画館前。来場者は10万名を予定している。