【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「デスクリムゾン」

写真拡大

ある意味超能力必須なゲームです!

(画像:YouTubeより)
©Ecole Software Corp.

「デスクリムゾン」は1996年にエコールソフトウェアからリリースされたセガサターン用のガンシューティングゲームです。

このゲームについて語られるのはOP画面。恐怖映画のようなタッチでやたらと派手なCGはプレイヤーを恐怖のどん底に陥れる(色んな意味で)ことでしょう。

その他、台詞と画面の整合性が取れていない・ガンシューティングなのに照準が合わせにくい・画面がやたらと汚い・説明書がまるで役に立たないくらいの特殊設定が多数ある等のある意味伝説のゲームに相応しい称号を与えられてしまいました。

※「週刊ファミ通」等の各種ゲーム雑誌のゲームレビューでは「デスクリムゾン」について過去最低得点を付けていました。

但し、本作の意気込みについて開発スタッフから熱いものを受けて続編が制作されたという事を考えると、未だに話題に残る本作はある意味幸せなのかもしれません。
デスクリムゾン

【ライター:清水サーシャ】