5分で分かる! 4つのポイントで自分に合ったサプリメントを選ぼう

写真拡大

最近はドラッグストアやコンビニエンスストアだけではなく、インターネットやテレビ・ラジオなどありとあらゆる媒体でサプリメントが販売されていますよね。あまりにも多くの商品が市場にあふれているために、どれを選んだら良いか分からない人も多いのではないでしょうか。
自分にあったサプリメントを選ぶためには、4つのポイントがあります。商品を選ぶ際の参考にしてください。

1)健康維持の為にサプリメントを求める人はマルチビタミンのみでOK

健康の維持には正しい食生活と適度な運動が必要ですが、足りない栄養分をサプリメントで補うのも1つの方法です。健康診断の結果、問題はないけれど、健康維持のためにサプリメント希望する人や、不規則な食生活を気にしてサプリメントを求める人であれば、特殊なサプリメントではなく、マルチビタミンをおすすめします。人間の身体に必要な栄養は、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルで5大栄養素と呼ばれています。ビタミンは体内で合成できず、欠乏すると病気になります。健康維持を考える人は、まずはマルチビタミンを試してください。

2)美容でサプリメントを考える人はマルチビタミンに加えてコラーゲンとヒアルロン酸がおすすめ

最近は美容におすすめのサプリメントがたくさん売られていますが、美容に関しても、特殊なサプリメントをとる必要はありません。マルチビタミンに含まれるビタミンB群は、皮膚や粘膜の健康を維持する働きをもっています。さらに、ビタミンCはコラーゲンの働きを助け、紫外線への抵抗力を強化し、ビタミンEは血管と皮膚の老化を防いでくれます。
マルチビタミンに加えてプラスするとしたらコラーゲンとヒアルロン酸がおすすめです。コラーゲンもヒアルロン酸も共に皮膚のアンチエイジングで知られる栄養素です。

3)特定の症状がある人でサプメントを求める人は科学的根拠(エビデンス)が確認されたサプリメントを選ぶ

サプリメントの売り文句で“ガンが治った”“○○が治った”などの表現につられて買う人もいますが、ガンが治ったなどの表記は薬事法に違反する表現なので、そのようなサプリメントは避けたほうが良いでしょう。特定の症状(関節痛や高血圧など)を改善するためにサプリメントを選ぶ場合は、科学的根拠(エビデンス)がしっかりと確認された成分を使ったサプリメントを選びましょう。
科学的根拠としては「ラットに与えたら効果があった」というものでは、根拠が低いので、ランダムに選ばれた多数の人を基にして行われた実験の結果、有効であることが確認されている成分を使ったサプリメントがおすすめです。

4)成分名だけでなく、含有量もチェック

同じ成分名のサプリメントが市場には出回っています。同じ成分名で、どちらにしようか迷ったときは含有量を見てください。一概にはいえませんが、含有量が多い商品の方が、クォリティーが高い場合が多いです。対面販売のドラッグストアなどでサプリメントを買い求める場合は、薬剤師や登録販売者に相談するのもおすすめです。世間にあふれるサプリメントから、自分にあった商品をみつけて、健康維持に役立ててください。

画像:『無料写真素材集Free Photo』より引用
http://freephotos.jugem.jp/

http://freephotos.jugem.jp/?eid=19

※この記事はガジェ通ウェブライターの「浅川クラゲ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?