資生堂「色とりどりのラブレター展」東京初開催 デジタルポスター導入

写真拡大

 資生堂が、写真展「資生堂ヘア・メーキャップアーティストによる、色とりどりのラブレター展」をJR上野駅とJR品川駅の2駅で6月2日から順次開催をスタートする。「東北の明日が、もっと明るく、色と光に満ちたものであるように」という思いを込めて同社アーティストが創作に取り組み、2012年1月と3月に仙台、大阪を巡回。JR品川駅ではデジタルサイネージを導入し、駅の東西を繋ぐ自由通路で作品を展示する。 資生堂の「ラブレター展」東京初開催の画像を拡大

 東京初の開催となる「資生堂ヘア・メーキャップアーティストによる、色とりどりのラブレター展」は、東日本旅客鉄道の協力により、東北への玄関口でもあるJR上野駅と、JR品川駅に展示スペースを設置。6月2日から28日の27日間に開催されるJR上野駅「Break ステーションギャラリー」では、「マキアージュ」や「ANESSA」などを手がけてきた石田美紀、2012年4月より資生堂ビューティートップスペシャリストとして活動を開始した計良宏文など、資生堂ヘア・メーキャップアーティスト27人の作品、全29点の写真を展示する。また、7月16日から22日の7日間、JR品川駅の東西自由通路に設置された「J・ADビジョン(ジェイ・アドビジョン)」では、JR上野駅で展示した作品をデジタル化。3分毎に作品画像がデジタルサイネージに表示され、29作品を計3回に分けて紹介する。  資生堂は、プロのヘア・メーキャップアーティスト約40名が在籍する「資生堂ビューティークリエーション研究センター」による創作展を東京を中心に1989年より定期的に開催している。日本大震災後に復興へ向かう東北地方を応援したいというアーティストの思いから、初の地方開催として「資生堂ヘア・メーキャップアーティストによる、色とりどりのラブレター展」を開催。2012年1月に宮城のせんだいメディアテーク、3月に大阪ステーションシティを巡回し、来場者から「明るく色豊かな作品に、間近にふれて、 楽しさ、元気、といった前向きな気持ちをもらった」という声が多数寄せられた。■資生堂ヘア・メーキャップアーティストによる、色とりどりのラブレター展>会場:JR 東日本 上野駅 会期:2012年6月2日(土)〜28日(木)の27日間  展示時間 終日(駅構内のため、深夜1:20〜7:00まで観覧不可)  会場:JR 東日本 上野駅 Break ステーションギャラリー(ガレリア 2 階 回廊) >JR 東日本 品川駅 会期:2012年7月16日(月・祝)〜22 日(日)の7日間  展示時間:終日(駅構内のため、深夜 0:00〜5:00 まではご覧いただけません)  会場:JR 東日本 品川駅 東西自由通路 J・AD ビジョン(デジタルサイネージ) ■資生堂ビューティークリエーション研究センター URL:http://www.shiseido.co.jp/bcrc/