世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ」は、2012年4月17日から22日までの6日間、イタリア・ミラノのフィエラ(本会場)とフォーリ(市内会場)で開催されました。

ミラノサローネ2012から、イタリアブランドメーカーを中心に紹介しながら、これから来るであろうフォルムやカラ―のトレンドの予測を、お伝えしていきます。
今回はミラノ市内に移動して、トルトーナ地区で展示会を開催したPoltrona Frau(ポルトローナ・フラウ)ブループの会場から、Cassina(カッシーナ)をご紹介ます。

 Cassina(カッシーナ)の会場で目を引いたのは、Charlotte Perriand (シャルロット・ペりアン)の復刻の家具でした。




キャビネットはCharlotte Perriand (シャルロット・ペりアン)526 NUAGE
ソファはLuca Nichetto の新作380 La Mise



センターネストテーブルはCharlotte Perriand (シャルロット・ペりアン)の519 PETALO

チェアはCharlotte Perriand (シャルロット・ペりアン)の517 OMBRA TOKYO

Charlotte Perriand (シャルロット・ペりアン)のシェーズロング


こちらもシェーズロング復刻のLC4 Villa Church
ここにはLe Corbusier, Jeanneret, Perriand の3人の名前が記載されています。


LC2 Villa Church
今年もLCシリーズはパイプフレーム、張り生地のカラ―バリエーションを増やしたものを新作として発表してきました。


大きな丸テーブルは、Mario Bellini (マリオ・ベリーニ)の新作PANTHEON(パンテオン)


Rietveld (リートフェルト)の280 ZIG ZAG

Luca Nichetto (ルカ・ニケット)デザインのソファ380 La Mise(ラ・ミーゼ)の手前にあるテーブルは同じくLuca Nichetto (ルカ・ニケット)デザインのTorei(トレイ)。


デザイン性が高く、高品位なアイテムがそろうCassina(カッシーナ)は、17世紀にイタリアで設立し、伝統を守りながらも革新を続けることで有名です。そんなCassina(カッシーナ)の商品で、今回唯一 トレンドを意識したものが、Luca Nichetto (ルカ・ニケット)の380 La Mise(ラ・ミーゼ)のソファでした。
 
 
 
ミラノサローネ2012〜ゾナ・トルトーナmoooi(モーイ)会場から
http://www.interior-joho.com/interior/detail.php?id=1200

ミラノサローネ2012〜ローフィエラedra(エドラ)会場から
http://www.interior-joho.com/interior/detail.php?id=1196

ミラノサローネ2012〜ローフィエラMagis(マジス)会場から
http://www.interior-joho.com/interior/detail.php?id=1185

ミラノサローネ2012〜ローフィエラDriade(ドリアデ)会場から
http://www.interior-joho.com/interior/detail.php?id=1184
ミラノサローネ2012〜ローフィエラKartell(カルテル)会場から
http://www.interior-joho.com/interior/detail.php?id=1178
ミラノサローネ2012〜ローフィエラMOROSO(モローゾ)会場
http://www.interior-joho.com/interior/detail.php?id=1171

 
インテリアデザインの知識を身につけるなら
K&Yインテリアデザインスクールへ http://www.kandy.ne.jp