読む鉄道、観る鉄道 (9) 『サブウェイ・パニック』 - 1970年代のニューヨークと地下鉄の情景を描く

写真拡大

1974年に公開された同作品は乗り物パニック映画の傑作だ。

同時期にはロサンゼルスを舞台にした『大地震』、ビル火災を扱った『タワーリング・インフェルノ』、航空機の遭難を描く『エアポート'75』などがあり、パニック映画ブームだったといえる。

『サブウェイ・パニック』は、都市の生活者にとって身近な地下鉄が舞台であり、実際にニューヨークの地下鉄でロケが行われただけあって、観客を驚かせただろう。

ちなみに2009年公開の『サブウェイ123激突』はこの作品のリメイク版である。

舞台は冬の午後のニューヨーク。

新米車掌が先輩車掌から指導を受けている。

その列車に風邪気味の男(マーティン・バルサム)が乗り込んできた。

辺りを見回し、運転席のそばの席に陣取った。

前方が見える窓では男の子の兄弟がはしゃぐ。

日本もアメリカも、乗り物好きの子供の行動は同じだ。

次の51丁目駅で、帽子、コート、黒縁メガネの男が乗り込む。

風邪気味の男と同じようないでたち。

その1人(ロバート・ショウ)がホームから運転台に近づき、運転士にピストルを見せた。

列車ジャックが始まった。

ニューヨーク地下鉄公安局勤務のガーバー(ウォルター・マッソー)は、日本から来た見学客に手を焼いていた。

そんなとき、6号線の電車「ペラム123」の不穏な動きを知らされる。

列車ジャックだ。

犯人はニューヨーク市に100万ドルを要求する。

期限は1時間。

その知らせは支持率低下に悩むニューヨーク市長に届けられる。

彼もまた、犯人の1人と同様、風邪でダウンしていた。

一方、犯人グループのうち1人は地下鉄の運転士経験者と判明。

ガーバーは、咳き込む犯人を気遣いながら交渉を続ける。

しかし交渉のさなか、管制職員と新米車掌は殺されてしまう。

緊迫する状況下、ガーバーや他の警察官たちがいる地上と、犯人グループの地下の状況が互いに見えない。

犯人はどこから脱出するのか……。

パニック映画では実際の地名が登場しても、ロケ地を変えたり会社名を変えたりする。

これは舞台となる会社の評判に配慮したり、模倣犯を防ぐためだ。

だがこの作品では、原作小説の通り、実際のニューヨーク地下鉄でロケが行われた。

交渉は難航し、多額の保険もかけられたというが、ニューヨーク地下鉄は英断だった。

映画エンターテイメントに理解のある国・都市ならではのことだろう。

2009年のリメイク作品『サブウェイ123 激突』も、ニューヨーク地下鉄で撮影された。

ただし、その前に作られたTV版リメイク『サブウェイ・パニック 1:23PM』はカナダ・トロントの地下鉄だったそうだ。

なお、邦題は3作とも異なるものの、原題はすべて『The Taking of Pelham One Two Three』である。

実物でのロケだけに、ニューヨークの地下鉄風景が垣間見られて面白い。

冒頭の部分ではホームに自転車を押して歩く若者がいて、「ニューヨーク地下鉄は自転車持込みOKなんだな」と思うし、「地下鉄は右側通行だな」「第3軌条式の古い電車だから、一瞬だけ車内が暗くなるな」とか、司令室の路線パネルを見て「複々線があるんだ」などと、鉄道ファンの知識欲も大いに満たされる。

ハイジャックされた「ペラム123」は、ニューヨーク地下鉄6号線の列車だ。

6号線はニューヨーク市北部の「ペラム・ベイパーク」とニューヨーク市の中心マンハッタンの市庁舎を結ぶ路線だ。

所要時間は60分。

事件が起きる28丁目駅はペラムから数えて31番目の駅で、ダウンタウンのパークアベニューにある。

ここで乗っ取られた列車は少し走って停車し、先頭車両を切り離す。

犯人たちが乗っ取る列車はこの1両のみで、後部車両の乗客たちは解放される。

筆者は同作品をかなり昔にテレビ放送で見た。

DVDであらためて見ると、放送ではカットされた部分が興味深い。

古い映画のDVD版は、吹き替え音声にテレビ放送版が使われている。

だからカットされた部分は音声がなく字幕になるわけだ。

同作品では東京の地下鉄会社、おそらくは当時の営団地下鉄の重役4人が登場する。

彼らは「英語がわからずニコニコしているだけ」という、典型的な日本人として描かれている。

これがテレビ放送ではカットされていたのだ。

放送時間の兼ね合いもあるだろうけれど、「営団地下鉄に配慮したんだろうな」なんて想像してみるとおもしろい。