エヴァンゲリオンレーシング、今年も鈴鹿8耐出場! 1,000人分の応援席も

写真拡大

エヴァンゲリオンレーシングチームを運営するラナ エンタテインメントはこのほど、鈴鹿8時間耐久ロードレースへの今年の参戦計画について発表した。

レースマシン「エヴァRT初号機トリックスターFRTR」の応援席を1000人分、設置する。

四輪では「SuperGT」でも活躍するエヴァンゲリオンレーシング。

二輪では昨年に引き続き、今年も鈴鹿8時間耐久ロードレースに出場する。

その詳しい内容が運営母体のラナ エンタテインメントから発表された。

打倒ワークスを目標に、今年も特設応援席が設置される。

メインストレートが見渡せるグランドスタンド上段のエヴァンゲリオンレーシングピット前に、1,000人分を設置。

スタートやゴールの模様はもちろん、ピット作業も観戦することができる。

レースを盛り上げるトラックステージも見所のひとつ。

エヴァレーシング専用のトラックステージが鈴鹿サーキットグランプリスクエアに登場し、レースクイーンのトークやフォトセッションを楽しめる。

また、Tシャツ、タオル、マグカップなどの応援グッズも販売される。

今年の鈴鹿耐久8時間ロードレースの日程は7月26〜29日。

エヴァンゲリオンレーシングの応援席チケットは1万3,500円で販売され、非売品のグッズ2点、コカ・コーラ製品飲み放題、モートピアパスポートなどの特典がある。

チケットはエヴァンゲリオンレーシング公式ウェブサイトで販売される。