オープニングセレモニーの新プロジェクト始動 第1弾はNY期待のコラージュアーティスト

写真拡大

 米国発の高感度ショップ「OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)」が、アートやインテリアなど幅広いジャンルの企画・エキシビションを展開する新プロジェクト「TOKYO CULTURAL NETWORK PROJECT」を立ち上げた。第1弾の催しとして、コラージュアーティストDaniel Amazu Wasser(ダニエル・アマズ・ワサー)にフォーカスしたエキシビション「T.A.G. PROJECT/Daniel Amazu Wasser Exhibition」をOPENING CEREMONY SHIBUYA5階「A WALK IN THE PARK」で開催する。会期は6月15日から7月1日まで。 オープニングセレモニーでアート展の画像を拡大

 Daniel Amazu Wasserの日本初開催のエキシビジョンとなる「T.A.G. PROJECT/Daniel Amazu Wasser Exhibition」では、ニューヨークと東京それぞれの街で派生していったポップカルチャーやグラフィック、ブラック、ヒップホップムーブメントの現在をコラージュで表現。コラボレーターとして、80年代後期から東京のストリートカルチャーを牽引し続けるSKATETHING(C.E)や、ビンテージラジカセのレトロフィッターDESIGN UNDERGROUNDが参加。クリエイターやアーティスト、ブランドなどのコミュニケーターたちのコラボレーションの場となることを目指した「TOKYO CULTURAL NETWORK PROJECT」の初イベントとして、「OPENING CEREMONY」エクスクルーシブアイテムの発売が予定されている。 Daniel Amazu Wasserは、ニューヨークを拠点に活動するアーティスト。映画「Wild Style」に代表されるオールドスクールヒップホップのスタイルに、自身のルーツであるアフリカの伝統的なテキスタイルやパターンなどを組み合わせた手法をとり、初期ヒップホップムーブメントが持つメッセージ性の強い作品を多数発表している。アート制作の傍ら小学校で教員を務め、子供達にワークショップを開くなど、幅広い活動をしている。■T.A.G. PROJECT/Daniel Amazu Wasser Exhibition会期:2012年6月15日(金)〜7月1日(日)会場:OPENING CEREMONY SHIBUYA 5F " A WALK IN THE PARK"   東京都渋谷区 宇田川町21‐1 西武渋谷店Movida館