朝の¥100マックに新しい仲間、「チキンクリスプ」のマフィン版登場。

写真拡大

マクドナルドは5月27日から、朝マックの新メニューとして「チキンクリスプマフィン」を朝マック販売店舗約2,200店舗で販売する。価格は100円(税込み)。

「チキンクリスプマフィン」は、5月7日から同社が販売を開始した¥100マックの新メニュー「チキンクリスプ」の朝マック版。「チキンクリスプ」は、サクサクとした軽やかな衣の歯ごたえと、香ばしさが特長のチキンバーガーで、クリスピーな食感のチキンパティにスライスレタスをのせ、少しピリッとくるマヨネーズタイプのイエローマスタードソースをアクセントとして加えている。

今回登場する「チキンクリスプマフィン」は、そんな「チキンクリスプ」のバンズを、ほのかなバターの風味が香る焼きたてのイングリッシュマフィンに替えた一品だ。

販売期間は27日からの“期間限定”としているが、終了時期は未定。セット(プレミアムローストコーヒーSもしくはドリンクS+ハッシュポテト付き)の価格は340〜350円(一部店舗を除く)。