「なかなか恋人ができないなぁ」とふとした時に悩んだり、コイバナなどしたこともない母親からいきなり「彼女はないの? 」と聞かれて困ったりしたことのある人はきっと多いと思います。

どうして恋人(彼女)ができないのか。

考えてもなかなか理由はわからないものですし、自分の考えている理由と女の子の側から見た理由はまったく違っているというのはよくあるパターンです。

たとえば、男性が「どうしてオレって彼女できないのかな? 」と考える場合、自分の側の原因ではなく、女性の側の要因を理由としてあげることは多いものです。

「どうせ、顔がいい男がいいんだよね」「経済力がないとダメなんでしょ」「モテる男って、一極集中で決まってるから」「運動得意とか」「話がうまくておもしろいとか求められてもね〜」というように、女性はこういうムリな要求ばかりしているから、自分にはなかなか彼女ができないんだとボソッと口にする男子がいたりします。

しかし、それでは一歩下がって、自分自身のことを少し振り返ってみると、イケメンうんぬん以前に、お風呂に入っていなかったり、髪がボサボサだったり、身だしなみにまったく気をつかっていない。

性格がよく男同士でもおもしろくてモテる同性のことを悪く思っていて、「アイツってモテるけどさ、実はこんなヤツなんだよ」と、モテる男子の悪口やグチを気付かぬうちにポロポロと言ってしまっている。

そんなことも、ままあるものです。

外見というのは、男性も同じだと思いますが、人ぞれぞれ好みがあり、好みは人それぞれ違っています。

女の子は、みんながみんなイケメン好きというわけでもないものです。

また、話がおもしろいというと、何に関しても批評もできたり、ちょっと一味違う感性で、辛口で毒舌なほうがいいということかと思ってしまう男性も時々います。

ですが、いつも批判的な発言をしてしまっていると、聞いている側の女の子としてはだんだん苦しい気持ちになってくる場合もあるものです。

自分は少々キツいことを言い、口が悪くても許される憎まれない外見やキャラクターの持ち主であるというのなら、そういう話のおもしろさもありかもしれません。

しかし、マジメな性格が顔に出ていて、外見は学級委員タイプ、優等生タイプでキツいことを言ってしまうと、相手は必要以上に悪く受け取ってしまうこともあります。

おもしろい話ができなくても、長い時間一緒にいて不愉快になるようなことは言わない。

人を悪く言ったり、グチばかり言っていたり、周囲の人の気分が滅入るような発言をしないようにしようと心がけるだけでも、十分だと思います。

こんなふうに考えてみると、彼女ができない理由というのは、ただ単に彼女がほしいなと本気で思っていないから。

何のアクションも起こしていないから。

恋愛したら、彼女からこんなことやあんなことをしてほしいと、自分主体のことばかり考えていて、自分は好きな人に何をしてあげられるかをあまり考えていないから、といったところにある。

そんな気がしてきます。

本気で彼女がほしすぎて、がっついた感じになってしまうのもどうかと思いますが、ほしいなぁと思っているわりには何の行動も取らないのもどうかと思います。

適度に、バランスのよい感覚をみつけて、がっつかず、でも一生懸命に「彼女がほしい! 」という気持ちを行動に移してもらいたいところです。

また、なかなか彼女ができないなと思っていたら、女の子から見ると自分自身がそもそも恋愛体質ではなく結婚体質の男性という場合もよくあります。

いきなり「結婚」というとドン引きしてしまう男性は多いものです。

誰もが、自分もできれば好きになった女の子と楽しい恋愛をして、2〜3年付き合ってみてそれからゆっくり結婚について考えていきたい…という夢をもっていることでしょう。