NHN Japan、グリー、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、ドワンゴ、およびミクシィのプラットフォーム事業者6社は、ソーシャルゲームプラットフォーム連絡協議会として、「コンプリートガチャガイドライン」を策定した。

連絡協議会は、ガイドラインを作成すべき内容について、発足時より検討を進めてきたが、5月18日の消費者庁による「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方の公表を受け、「コンプガチャガイドライン」を策定。

この「コンプガチャガイドライン」は、6月1日より運用開始となる。

また、各プラットフォームに提供している他社のゲームについても随時対応を依頼し、6月末日を最終期限として、6社が運営するプラットフォーム上におけるすべてのコンプリートガチャを廃止する。

なお、6社が、自社で開発、運営しているソーシャルゲームなどのサービスについては、5月9日にコンプガチャのすべての新規リリースの中止と、すでに運用しているものについても5月31日までに終了することを自主的に決定している。

連絡協議会では、消費者庁の見解に基づくコンプガチャの範囲だけにとどまらず、下記のテーマなどに関するガイドラインの策定も進め、6月中に発表する予定。

ガチャのうちユーザーを過度に誘引させるようなコンプガチャに類似するものゲーム内でのユーザーに誤解を与えないような表示方法また、このガイドラインに加えて、コンプガチャ、およびガチャのうちユーザーを過度に誘引させるようなコンプガチャに類似するものに関する事例集の作成も進めていくとしている。